ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ダービー


1着 ロジユニヴァース
2着 リーチザクラウン
3着 アントニオバローズ


目黒記念


1着 ミヤビランベリ
2着 ジャガーメイル
3着 ハギノジョイフル


完璧に待ち構えたつもりの「みなさんのおかげでした」サイン
は、ダービーを素通りし、富嶽賞をも素通りし、中京の最終R
でリキュー(球)に許可を出したあと、ビ「エン」ナーレ(円)で
迎撃する思惑をあざ笑いつつ、ミヤビ「ラン」ベリを使用。


まあたしかにこれ見よがしのサインを最も目立つレースで使
うと考える方がナイーヴすぎるのだが、あれだけ番組ジャッ
クしてるがごとくサインを流し続けているんだもの、懐疑的に
醒めて眺める?いつもの姿勢をつい忘れてノリノリになって
しまうのも無理からぬこと・・・。と納得してちゃ進歩はない。


この土日の重賞で書いた馬15頭のうち、来たのはたったの
1頭。怒り狂ってもおかしくない有様ながら、横典のダービー
初制覇の事実の、何とも言えない「良かったなぁ」感により、
JRAの着順管理してるオヤジにピンポイントで向けられる怨
念の度合いは、幾分薄められた。そいつの寿命は少し伸び
たな・・・。


昨日も、中山競馬場のBGMで使われていた中島みゆきさ
んの「with」に、ついうっとりして負けを忘れたくらいだし・・・。


昨日今日と、加藤姓の厩舎が穴激走を許されていたが、敵
さんは「これがサービスなのだよ」としゃーしゃーとしている
に違いない。普段はこんなあからさまなのは絶対来ないの
に。加藤あいさんの熱烈ファンが、着順を自由に操作出来る
部署にいるということか。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-31 21:17
かつて黒柳徹子さんの芸歴「56」年という数字を、こよなく
愛するかのように使われた時期があったのは、まだ記憶に
新しい。ベテランに対する暖かい配慮を示していた、という
ところかもしれない。


とすると、黒柳さんを散々使ったのに、このたびの森光子さ
んをJRAさんがないがしろにするとは考えにくい。それこそ
差別である。


ともに18頭立ての日本ダービーと目黒記念は、年齢の89
と「放浪記」上演回数2000回がクロスするプラマイ2を無
視しては、えらいメに遭いかねない。


中でも地方あがりの2匹がセッティングされているダービー
のプラマイ2は、反吐が出ても黙殺するわけにはいかなくな
った(イヤダイヤダ)。


マイナス2の小牧は、先週エサをもらっているので、プラス
2の内田か・・・。前日、6枠の内田の複勝を買っていた関
係で、奴の動きはモニターでガン見していたのだが、直線
の途中からスーパーヤラズモードに入ったのをチェック済み。


同様にベッラレイアで使わなかった「零」も、アプレザンレー
ヴの「レー」で消費可能。或いは、藤田が乗るブレイクランア
ウトのどちらかに、許可が下りると思いたい。こっちはもっと
直接的にタマゴの「ラン(卵)」を持っているのだから。


「みなさんのおかげでした」によるサインは、この2頭のどち
らか。2番の複勝が200円以上確実に付くなら、藤田と内
田2頭の複勝だけを買って、だらーっと観戦するのも悪くな
かったりして・・・。




日本ダービー


ブレイクランアウト
アンライバルド
アブレザンレーヴ
マッハヴェロシティ
アントニオバローズ


6枠稼働は、使うぞ使うぞと散々思わせぶりをしておいて、結
局ラストの目黒記念のアンカツではないか?と妄想。


目黒記念


レインボーペガサス
ビエンナーレ
ダンスアジョイ
ホクトスルタン
ジャガーメイル
[PR]
by yohhoh | 2009-05-31 14:53
2009年度 金鯱賞 結果


1着 サクラメガワンダー
2着 シャドウゲイト
3着 ホワイトピルグリム


3着かな?と想定していたベッラレイアは、ジャストアウト
の4着。タマゴ状の存在に関しては、ホワイト「ピル」グリ
ムのピル(=丸薬)を使用してきた。


サイン馬は、3着席だがどちらが来てもいいやという扱い
だったかも。


一方、急遽昨日サインがねじ込まれる必要が生じた森光
子さん暗示は、89歳と「放浪記」2000回の両方の数字
が重なる18頭立てのプラマイ2が馬券に。それもクソつま
らん1番人気が1着席。


福永は飛ぶと確信していてサクラメガワンダーはスルーし
ていたのだが、国民栄誉賞暗示を徹底的に吟味しなかっ
たのは迂闊・・・(1番人気のクソ馬だから、まあいいかと
負け惜しみ・・・)。


食わず嫌いの出演者・加藤あいさんの加藤姓を、まさか
使っては来ないべ?とスルーしたら、シャドウゲイト(加藤
厩舎)も来るし。5枠を使うなら、ニルヴァーナの方だと見
なしており、馬券になった3つの枠すべて、とにかく誤算
の連続だった。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-31 00:13
加藤あいさんと、玉山姓の俳優さんの「食わず嫌い」。


このふたりの対戦を見ながら、脳内で最近の出演者を並べ
て、


黒柳徹子さん(ニックネーム「タマ」ネギおばさん)
板東英二さん(ゆで「タマ」ゴ大好き)
水谷豊さん(嫁さんが伊藤蘭さん・・・ラン・・・「タマ」ゴ)
先週の出演者(はるな&市原のニコ「タマ」暗示)


が繋がった。いや繋がざるを得ない。


これを作為と言わずして何と言おうかってなくらいの怪しい
連続性である。さすが、JRAさんの息のかかったフジテレビ
の番組。とくにこの番組には、制作費の何割か、裏金が流
れていると妄想したい(あのだみ声のプロデューサーは、た
っぷりポケットにしまっているに違いない?とも)。


「タマ」が帰結するターゲットはダービーなのかもしれない。
しかし前日の金鯱賞でも一応、タマゴ状の丸さを連想して、
数字のゼロから「零」。「レイ」の付くベッラレイア(人気サイ
ドだから飛んで欲しいが)をケアする。


金鯱賞


スマートギア
ミストラルクルーズ
ベッラレイア
インティライミ
ニルヴァーナ
[PR]
by yohhoh | 2009-05-30 11:38
祥伝社新書の「競馬必勝放浪記」(元木昌彦著)を読んだ。


著者は講談社の編集者だった人物とのことで、過去の競馬
好きの作家(山口瞳さん)や、予想家たち(大川慶次郎さん、
宮城昌康さんら)との交流&裏話など、なかなか面白かった。


彼らは、渋沢栄一の子孫だったり、或いは沖縄王朝の末裔
だったそうな。初めて知った意外な事実である。


この本を読んだことがきっかけになり、すぐさま今週末から
回収率が跳ね上がることは無さそうだけれど、まだ敢えて
一冊も読んだことのない浅田次郎さんの競馬関連本は、今
度読んでみましょうかね・・・という気分になった。


その「放浪記」つながりか?(んなわけない)、森光子さん
に国民栄誉賞が授与された。さっそく森光子暗示も使用
されるのかな、今週・・・。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-30 10:48
新聞の一面広告はもちろん、電車内の中吊り広告や、JR
の自動改札機にも日本ダービーを告知するシールが貼ら
れている。


茶色がベースになっている今年のダービーのポスター。


「茶」といえば、いまは道重さゆみさんである。


先週の「おじぎでシャイプアップ」の期間限定ブログにおけ
る彼女の投稿欄に、「緑茶」が連呼されたすぐあとに、今度
は「麦茶」が断固として連呼されたばかり。


普段食べない?バナナを食べたせいか、その酵素分が体
質に合わなかったか、それとも残留農薬が内臓にダメージ
を及ぼしたか、とにもかくにも顔を腫らした写真がアップされ
ていたのも微笑ましかったけれど、彼女がお茶好きの一面
をこのタイミングで言葉にしたかった事を重視したい。その
無意識の衝動を。


で、先週のメインレースは、これでもかこれでもかと緑の6
枠を突いていき、こてんぱんにやられ続けたわけだが、唯
一当たった新潟のメインレースのおかげで、ちょい負け程
度まで挽回出来たのは、素直に道重さんの御利益なのだ
と勝手に判断している。


ひとり突出して、投稿数が30の大台に乗った道重さゆみ
さんの爆走っぷりが、ますます彼女への感情移入を加速
させていくのだった。とにかく素晴らしい。


その流れを汲んでの今週、ダービーウィーク。当然、日曜
府中メインレースは、6枠特攻をするのだ。発表になった
枠順も、それを無謀とは言わないような状況になっている
ようで・・・。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-28 23:58
ウチくるのスペシャル(ヒロミ郷出演)を嫁が見ていたので、
まあ適当に眺めていると、久保純子さんがプールに引っ張
り込まれて着衣のままずぶ濡れになるわ、本邦初公開の
温泉入浴シーンはあるわ、全くの計算外に見所満載だった。


NHK時代にはとくに関心はなかったけれど、ここ2、3年の
久保純子さんの情緒感は良い意味でアップ傾向である。


普通の衣装のままの入水だったため、スカートの裾の加減
というか、身体が宙にあったときの両足の戸惑い具合など
に、ヤラセ&シナリオ感の無い風情が感じられたのも良か
った。


とまどった素の表情も見応えがあり(あれが演出だったら、
大したものだ)。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-26 21:53
「みなさんのおかげでした」に矢口真里さんが出ていた。お
笑い芸人に混じって入れられた、トークダービーの出走枠は
3番。紅一点だったわけであり、一応注意する必要はあった。


「食わず嫌い」の方は、二子玉川出身のタレントさん?(市
原某クン)と、タマを二個取っちゃったと散々言われていた
はるな愛嬢?の対戦。男?同士が続く続く・・・。


このカップリングというか配合は、サイン出題のため、番組
内で「ニコタマ!」という表現がしたいJRAさんからの指示
が、番組にあったと考えて間違いないと思われる。


2個の球だと「00」でサイン数字にならないから、「250」で
よろしかろーと考えながら、メインレースの出走表に向き合
ってみた土曜日。


新潟のメインレースは13頭立て。矢口さんの「3」と、250
番目と、ついでに先週の「24」までが重なる。この出走頭
数も、作為的な指示があってそうなったのだな?とわかる。


というのも、プラス3番目に、金にならない圧倒的1番人気
を入れてきて、買う気をゼロにさせられていたからだ(案の
定1着。だっせー話)。


残りの中京と府中のメインレースは、18頭立て。今度はプ
ラマイ3とプラマイ250と、ついでに秋元の嫁サインのプラ
マイ16までもが重なる頭数。


ここで中京の福永(避妊具という文字列を含むスピニングノ
アールにようやく許可が出た)を稼働させてくれたのは、ま
あささやかなサービスなのだろう。



で、残る関心は、オークスのトースポ誌面にある調教欄の、
「関西馬・伸び脚豪快絶好調・9」を、果たして素直に稼働
させるかどうかだ。2番人気のレッドディザイアだから、旨み
に乏しいものの、3番なのでここにもサインが集中する(25
0番に16番まで)。


東海ステークスのウォータクティクス(250番)ともども、来
る可能性は高くても、昨日使われ過ぎているので怖い。



東海ステークス


アドマイヤスワット
ウォータクティクス
メイショウトウコン
ロールオブザダイス
スターシップ



オークス(優駿牝馬)


ブエナビスタ
ジェルミナル
ダイアナバローズ
デリキットピース
レッドディザイア


ブエナビスタが凱旋門賞に登録してあるならば、そこに出る
ぞ出るぞと思わせることで、夏場もマスゴミを使いブームを
煽れる。


実際3歳の牝馬なら、軽量で出走できるから有利ってことに
なっている。期待が膨らむ状況なので、ネタとしても旅行代
理店としては、是非とも商売的に出て欲しいだろう(そうして
ヤラズくらっても、日本人の応援ツアーで代理店が儲かれ
ば良いと思ってるに違いない)。


圧倒的1番人気を最上段に書いて、ヤラズくらったときの情
けなさはハンパではないけれど、アンカツの派手な両腕の
上下動を見せてもらいますかね・・・。(アンカツ以外の騎手
たちが、ブエナビスタに抜かれるまで必死に追っていない
のを視野の片隅で確認して、ニヤニヤしながら)。

*****

結果 


東海ステークス


1着 ワンダースピード
2着 アロンダイト
3着 ボランタス



オークス


1着 ブエナビスタ
2着 レッドディザイア
3着 ジェルミナル


小牧がヤラズをするという前提で買っていた東海ステークス
ゆえに、ワンダースピードが1着許可を受けるシナリオを使
われたら、すべてハズレもやむなし。


連勝中の1番人気を飛ばした川田は、最終レースでまだ第
4コーナーにも達していない段階から、立てムチ入れまくりの
連打連打。それでゴールちょっと手前で思わせぶりに失速し
て見せるのかと思ったら、最期まで連打連打だったのには、
メインでのヤラズ命令に対する腹いせ感が漂っていた。


しかし、あれは追いすぎ。レース映像が汚らわしくなるほど
に不自然。シーシェパードの陸上版の組織でもあったら、動
物愛護精神に反する行為とかで、是非JRAさんに川田の永
久追放を要求しても良いくらいの酷さであった。


縁故騎手が美しく見せるように、さらりと馬に負担をかける
ことなく(談合で)、馬券圏内に来いよ・・・と感じる。
「汚い追い方してるなぁ、どこの田舎騎手だ?」と思ったら、
「やっぱり川田かよ・・・」というケースが多すぎる。


もちろん、土曜日のメインレースで散々プラマイ250を使い
倒して、日曜のメインレースのラスト(オークス)で使用する
計画だったなら、直前の東海ステークスでプラス250番を
沈ませるのは、別に変でもない。それをああいう腹いせを
するってのは、JRAさんへの反逆行為とみなせなくもないの
ではなかろうか。やっぱり騎乗停止だな。半年くらい。


そして再訓練を受けて、汚らしい鞭打ち連打を控えてでも、
のんべんだらりーんと馬券圏内に馬を持ってjこられるように
なって、晴れて復活が望ましい。レース映像の格調高さを
求めるのなら。



そのプラマイ250番目が温存されて迎えたオークスでは、危
うく四位は勝ってしまいそうになっていた(ラストのところで、
きちんと馬を鼓舞していたら余裕で勝てたのを、それをやっち
ゃあおしまいよとフェイク入れてるのが、ジスイズ日本競馬。
さすが2年連続でダービーの1着席をもらえた千両役者であ
る)。


厳命!を台無しにしてしまいそうで「やばかった」という雰囲
気ありありの、勝利騎手インタビューでのアンカツの姿が、い
つものそれと違いすぎて面白かった。進軍ラッパばかり吹い
ている松田博調教師まで、「疲れた」とコメントしていたそうだ
から。勝たせてもらえるはずなのをよもやぶち壊したら、ヤラ
ズ命令の連鎖が待ってることを意識し、焦りまくったからだと
妄想する。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-24 14:56
いちろ~さんに教えていただいた「おじぎでシェイプアップ」
の期間限定ブログをチェックしてみた。


投稿数最多の道重さゆみさんの、内面を表現せずにはいら
れない?瑞々しい精神構造がまずもって微笑ましく、朝から
うっとりモードに突入した。


それに対して、警戒心があるだけのか、それとも単にものを
書いたり考えたりするのが億劫なのか、たった2度しか自分
の分の投稿をしてない亀井さんも、ある意味で微笑ましい。
(そーゆーキャラなのね?と想像するだけでも愉しい)


緑茶について記述している道重さんは、それらが今流行の
インフルエンザに対する個人レベルの対策として、非常に
有効であることを意図的に承知して書いたのか、それとも
天然無意識での事なのか、いったいどちらなのか?を妄想
して、今日一日がハッピーに過ぎていけそうだ。


どこかのおっさんによる入れ知恵でなく、純粋に無意識で書
いたのなら、道重さんは出来るニュータイプだと思われる。
やはり、彼女はルックスもキャラも(言わずもがな)素晴らし
いな。


まかり間違って、シングル買っちゃうか。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-23 10:08
インフルエンザ感染リスクの高い中、模擬国連とやらに参加
しに行った千葉県内の高校ってどこだ?、渋幕か?と予想し
ながら検索をかけてみたら、的中。


将来は外交官やら、国際関係の仕事をしたいなんて希望に
見境なくなって、リスクを顧みず出かけて行ったのだろうが、
そんなんではシビアな情報分析が要求され、異文化人との
交渉ごとに何かとタフさも必要と思われる、彼らの夢のお仕
事には不向きじゃないか?と感じたが、今時の外交官や国
際的な仕事に従事する面々は、売国ないし大がかりに私腹
を肥やす才覚も求められそうだから(そして今後ますますそ
の傾向は顕著になっていくのでは?)、物事を一方から判断
するのは可哀相かも。リスクを承知で出かけた部分に、実は
本懐を遂げたというか、酔えている可能性だってある。


やばそうなアメリカに特攻していく根性は、まあタフといえば
タフだから・・・。


それとも、今の段階ならたとえ感染しても、いのちは大丈夫!
と、どこかから太鼓判をおされて行ったのかもしれないが。
実際は、今回割り当てられた「枠」というかチャンスを、今後
に繋ぎ止めていくためには、辞退できなかったのかも。
[PR]
by yohhoh | 2009-05-21 23:59