ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2週続けての小泉今日子さんの「SONGS」では、途中
どこかの公園を散策している映像にビーグル犬が出て
きたのに和んだ。とぼけ顔にだらんとした耳の揺れっぷ
りが愛嬌有りすぎて。御本人は手間のかからない猫が
好きとのことだが・・・。


前回今回歌った曲の中で、「あなたに会えてよかった」
が最も安定した出来?だったようなのにも和み、芳醇な
二の腕にも和み、まあとにかくとことん和ませてもらえた。


上杉家題材の大河ドラマが驚愕するほどの出来で、上
杉ファンなのに初回さえ最後まで見通せず、長澤まさみ
さんが出ているらしいのにチャンネルを合わせられない
有様。受信料払うの止めようかと真剣に考えている気分
を、0.5%くらいは引き戻した。



しかし、志田未来さんという15歳は、脳内でこの子は3
0代か40代だと妄想変換しながら眺めると、異様にエロ
ティックかもしれないと感じた。年齢不詳性に、えらいオ
リジナリティがある。メガネも似合うし。


タカを屁とも思わず自己主張し我を通すところなど、もし
も老け顔ロリドSとかいう崇拝対象カテゴリーがあるのな
ら、いまその域内でのクイーンオブクイーンではなかろう
か?
[PR]
by yohhoh | 2009-01-29 23:37
スキャンダルをやらかしたのは関東の騎手なので、み
どもには関係あらしゃいまへんというスタンスだったの
だろう。


京都競馬場で行われた平安ステークスの馬券を


ワン「ダー」スピード
スポ「ワ」ールシチー
マコトスパルビ「エロ」


と並べるよう厳命を下し、他人事のように遊んだ関西の
着順管理セクションに、そう来るかよ苦笑するしかなかっ
た。


前日のメインに1番人気をスーパーヤラズでとばしたル
メールのお返しを期待して、マイネルアワグラスから1
着馬2着馬へのワイド2点にぶち込んでいたが、その
騎手のスケベっぷりを揶揄するにはうってつけのアン
カツ騎乗馬(3着)を後続は抜けるわけないし、先行し
た2頭は後退してくるはずもなく。馬名に「ダー」を持つ
小牧は特に。(万が一2着のサトテツの馬にトラブルが
発生していれば、急遽ルメールは鞭打ち連打を開始し
てアンカツを抜けたのかもしれない・・・)


結果が出たあと、3着指定を受けていたことになるア
ンカツの騎乗をリプレイでガン見していると、その前後
との対比がデラ面白かったレースといえたかも?


200円超えた小牧の複勝をたっぷり買っておくのが正
解だったのだな。オーラの泉をみた翌日はほぼ必敗の
個人的ジンクスは強烈なので、そういう正しい選択が
出来なくなるように思考が歪むのは仕方がない。今回
もそれを覚悟してなっちさんをチェックしたのだし。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-26 13:36
午後6時半から9時前にかけて、市川寛子さん、吉澤
ひとみさん、安倍なつみさんと、番組にミューズを並べ
てきたテレ朝。イキな計らいをしてくれるでないの。


中でも「オーラの泉」に登場した安倍なつみさんには、
「もしも願いが叶うなら」という質問に対する、即座の
「ヒット曲が欲しい」発言をはじめとして見所満載。録
画しとけば良かった・・・。


本隊にいたときに比べて、不思議と感情移入度の上
がっているレアケースな安倍さん。繊細な感受性を呈
する部分が、年齢を経るにつれて一層出てきてるかも
?というところに、きっと惹かれていたのだな。


大物二人から、オカルティックな素養というか、そちら
方面へのセンスに関しても、太鼓判を押されたような
彼女。こちらでもますますお気に入り度アップ。
昔読んでもう読まないオカルト本。これからはまって
いくのなら、送って差し上げたいくらいだ。


前世における、南方でのキャリアを指摘されていたが、
以前は殆ど無かったアジアンなテイストの美女に対す
る惚れ惚れ感の上昇傾向と、安倍さんに対するオキニ
度の上昇は、あながち無関係じゃないのかも? 勝手
にそう思っておくことにした。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-24 22:25

トースポを買いがてらコンビニへ行って、今週の週刊誌
チェックにいそしんでいると、アサヒ芸能に何やらJRA騎
手のスキャンダルの見出しが踊っていた。


その彼女から、ダーリンを縮めて「ダー」と呼ばれていた
そうなので、明日のパドックで「おい、ダー!」とか声をか
けたら、周囲から笑いが取れるかな?


そんなヤボはしないけれどもさ。


ただ、誰もいない競馬場に忍び込んで、芝生の上でら
ぶらぶ行為に及ぶなんて、ロマンティックであるな。ホ
ラであったとしても、そんなストーリーにニヤリだ。

そもそも他人のよしなしごとなんてどーでもよい。だが、
その騎手起点で、特別サインの発動を企んでくるかも
しれないから、出走表だけは入念にチェックするか・・・。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-23 22:14
「SONGS」は2週続けて小泉今日子さんである。


今回が「木枯らしに抱かれて」。
次回が「あなたに会えてよかった」


と、お気に入り曲を一緒にしない策略により、二度楽
しめる。


周囲を観客に取り囲まれて歌うシーンでは、声のうわ
ずりが濃いめに感じられたが、それも彼女らしさ。ラス
トの「木枯らしに抱かれて」では、じっくりとした舞台設
定が用意され、曲の情感も増し大満足。しっとりと聴き
惚れた。


キョンキョンのナレーションも、耳に心地よすぎ。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-22 22:43
中島みゆきさんの「旅人のうた」を歌う鳥居みゆきさ
んの目の行きっぷりは、芸風的にデフォルトなのか
もしれないが、みゆきさんの音楽空間に酔って実に
気持ちよさそうで、その点では見ていてうっとり可能
だった。


聴き込み、歌い込んでいる感じもしたし。


もっと暗い曲調の作品を情感たっぷり歌ったら、曲に
入り込んで号泣しかねないと妄想。そういうシーンを
見てみたくもある。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-20 22:03
サンジャポのTV欄に、国仲涼子さんの名前を見つけ、
人気薄のテイエムプリキュアのヤラカシに、暗示が出
ていたようなのを知ったのは、日付が変わってから。


同じ馬主の馬にテイエムチュラサンがいた。そこから
結びつければ、5枠の怪しさを単純にデムーロと信じ
込む事なく、ほんの少々でも荻野の馬へのケアもで
きた。テイエムプリキュアが、途中落馬したり、荻野
が指示通りの馬の制御が出来ず、馬券圏内へ導け
ないと判断された時点ではじめて、デムーロは鞭打
ち連打モード移行許可が出る手はずだったのだ、た
ぶん。


時既に遅いけれど、トースポに競馬のコラムを連載し
ている爆笑問題の田中の存在に絡めて、競馬の行
われる日曜日の午前中という放送時間からしても、
サンジャポは、JRAさんにとってサイン発信番組とい
う意味合いがあるのは、これでもう確実じゃろ。


この番組の放送内容から、日曜のメインレースの馬
券的中に繋がる要素を抽出出来たことが、過去にも
何度もあったし・・・。


そうやって視聴率も上げようという、姑息な狙いもあ
って、JRAさんに接触を図ってるかも? 間を取りも
ったのは、テリーなのかデーブなのか? ま、どっち
でもいいや。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-19 22:00
過去5年、マス(セーラ)、ユリ、カレン、エリー、モナ、
と女性名が馬券に絡み続けているので、1番人気で
ブルーな縁故王の弟の馬は、3着以内に来てしまう
のかもしれない。悲しいことだが・・・。


ヒカルカザブエ
ナムラマース
アグネストレジャー
マキハタサイボーグ


有馬でヤリ許可受けていたんだから、モナの連発は
やめて、お願い・・・。

******

日経新春杯


1着 テイエムプリキュア
2着 ナムラマース
3着 タガノエルシコ


どこかの評論家の子供に、姉カレン、妹ノエルって姉
妹がいたっけ・・・。ヒカルもモナも来ないからおかしい
じゃねーかと思ったら、渋いところから女子の名前を引
っ張ってくること。


ヒカルかモナの二者択一と判断した、愚かなミス。
注意力散漫そのものである。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-18 15:31
植島啓司著「賭ける魂」読了。


植島さんの本は、これでたぶん4冊目になる。競馬
系の著書は2冊目で、残りは人文科学系?のヤツ
を2冊。


この人の本(後者の系統のもの)を、高校生のうち
に読んでいたなら、今とは人生が違っていたかもし
れないと思うが、既に進路変更できないタイミング
で存在を知り(まだ学生時代ではあったが)、本を
手にして「こういう人もいるんかい」と感じ入ったと
いうのも、それはそれで御縁なのだろう。


宗教人類学者なる肩書きの持ち主の有名人は何
人かいるけれども、みなそれぞれに本の書き手と
して読み応えのあるモノを書いてくれるし、この植
島さんの場合は競馬をやっている点でも勝手にシ
ンパシーを寄せられる。


で、じゃあ私はなぜこうも競馬が好きなのか?と、
文を読みながら同時並行的に脳内で別に考える
きっかけにもなったり・・・。


裏読みして妄想するネタとしての奥行きの点でも、
JRAの競馬は研究しがいのあるモノ(要は出走表)
を提供してくれる(ように思えてならない)のも大き
い。


ただギャンブルが好きなら、他にいくらでもあるの
に、地方競馬や競艇も一瞬はやったが、結局は
毎週土日の中央競馬のみしか、どうにもやる気
にならない。


運命として、JRAさんの競馬に取り組むようになっ
ていたのだろう。もう勝手にそう思っている。


競馬関連のメディアで、月本某さんの名前を最近
見ないな・・・と思っていたら、昨年亡くなっていた
由。死因はしらねども、成人病には気を付けねば。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-16 23:41
安部譲二著「いつも心にギャンブルを」読了。


安部さんの著書を読むのは2冊目。いずれもギャン
ブル指南系の本である。


時々笑い転げさせてくれるような記述もあるので、
いきなり吹き出してしまいかねず、電車の中で読
むのは非常にバイオレンスだった。


著者は、バクチに最も大切なものを「注意力」と書
かれておられる。含蓄あるお言葉として、肝に銘じ
ようと思う。


また信頼できる予想家として、王道的正統派から、
非オーソドックスで魔力の持ち主?まで5名をリス
トアップされているが、そのうちの3名は今も存命
で現役。


この5名の頭脳&価値観を総合するようなシステ
ムを構築できたら、永遠のプラス収支は確定とあ
いなるのやもしれん・・・。そういう大きな野望を心
に懐きつつ、まあそれはそれこれはこれと、融通
無碍に中央競馬をやり続けていくのである。


とりあえずは、出走表にみられる不自然な部分を
細心の注意力でもってあぶりだし、熟考に熟考を
重ね妄想するという流れで、ひとつふたつの着順
は読めたとしても、色気を出さずに複勝とワイド。


このスタンスを徹底的に追求していこうと、高尾山
から富士山を見ながらあらためて誓ったのであった
っけ。
[PR]
by yohhoh | 2009-01-15 23:39