ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

小泉麻耶さんのブログに今週の「フライデー」の表紙が載っ
ていたのに触発され、実際に手にとってみると、彼女も表
情が好きだという磯山さやかさんのグラビアと、もちろん小
泉さん自身のグラビアも続く領域は、目の保養度において、
ここ数週間の週刊誌グラビアでは、ダントツナンバーワン
の感動をもたらした。


ゆえに購入。


磯山さんの横顔が新鮮だし、小泉麻耶さんの審美眼も素
晴らしいことがうかがえて、一層感情移入度が増加したの
は言うまでもない。


だからといって、写真撮影会に突撃するか?という趣味は
ないからなあ・・・。オリンパスのデジカメは、壊れて放
置したまま。そんで参加資格を満たせないんだもん。



またパソコンの起動が不安定になってきた。1度で起きな
くなることもしばしば。


部品をキープしておかないと・・・と思うが、秋葉原で部
品チェック行脚をする際のルートに組み込んである店が、
会社更生法を申請したとか、珍しく経済面を見るともなく
見ていて目に入ってきたのも、やばいぞという「警告」の
一種かも。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-31 23:41
土曜日に録画しておいた、「関東ぶらり各駅停車・・・」(T
V東京の土曜スペシャル)をみていたら、相本&藤吉の久美
子コンビが揃って群馬へ。


しかも、この夏に乗ってきた吾妻線に乗車してくれただけで
なく、降りて歩き回った川原湯温泉駅で下車してくれた。


駅舎、カメラに映った待合室、歩道、渓谷へ降りていく道、
渓谷にかかった橋など、記憶にあるものばかり追体験でき
た。なんて素晴らしいサービスだろうか。


また、渋川の日本シャンソン館なる場所で、大ベテランシ
ャンソン歌手氏の実演を、目の前でうっとり聞き惚れてい
る藤吉久美子さんを見つめながら、こちらもいたくうっと
り。お口やや半開きの横顔が、それはそれは色っぽかった
もので。


川原湯温泉の足湯で、膝下を御披露下さっただけで、もう
大満足であった。


その藤吉久美子さんにちょっと印象でかぶる(よな気がす
る)、能登有沙さんへの傾倒度までアップした。脈絡ない
のに自然に。


この両久美子コンビは、リアクションがふたりしてなかな
かシャープなので、一般人との応対でも、じれったさとか
画面に漂う気詰まり感がなくて、安心して見ていられるの
がイイな。


旅番組は、機転が効く人が出てくれないと、映像が重くな
って困る。先週のRIKACOさん、今週の秋野さん(ともに
「いい旅夢気分」)など、今後もどんどん出て欲しいもの
である。


けっして「マイナーな活躍の場」などではなく、タレント
さんの真の存在感が試されるような場所。しゃべり、同行
者との掛け合い、素人との触れあい方、印象・感想の表現、
入浴シーンなどなど、多岐にわたる自己演出が求められる
わけだから。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-30 22:45
「水を求めて富士山へ旅」と番組欄に書いてある以上、見
なわけにはいかんかった福山雅治の「SONGS」。


水底からボコボコ湧き上がっている富士山の伏流水を見てい
るだけで惚れ惚れしてくるから、こちらも負けじと南アルプ
スの天然水をグビグビ飲んでいた。ボルヴィックではなく。


雨水が50年かけて濾過されて地上に出てくるとなると、過
去から現在にいたる大気汚染の状況を考えれば、いまと同
じ水のクオリティはいつまで保っていられるのだろう?とい
う懸念も湧く。土壌というフィルターも、永遠ではないわけ
で。


「明日の☆SHOW」を歌っていたとき、バックコーラスの列
の中に坪倉唯子さんめいた人をみかけたが、ラストの字幕
で当たりを確認。


だからというわけではないけれど、この曲は良い曲。サビ
へ持っていくプロセスの一部分のメロディがえらく好きだ。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-30 11:20
吉澤ひとみさんがゲストの当日は、競馬の開催日ゆえに
競艇をやるわけにはいかなかったが、彼女が起用された
のも何かの御縁と、舟券を買いに行ってみた。


近場の場外舟券売場は、まだ出来てほんの数年。施設
はかなりキレイで、雰囲気は必ずしも悪くない。


今回の児島競艇のシリーズ中、まだ1度も出てない「目」
を開催最終日に使ってくるんでねーの?と、各レースその
2連単1点買いのみをして引き上げた。


で、全12レース中、人気の1枠が10レースで1着すると
いう洒落た計らいの前に、全敗を喫す。


その開催期間のメインをオーラスに控えた最終日に、怪し
いサイン買い?を挑むのは危険だったのだ。そもそも。つ
ーか、演歌歌手香田晋さん由来の妄想サイン、よりによっ
て今日、順序通りに来ないしっ。


よっすぃーの日ならば、1点買いをしていたら午前中のうち
になかなか高配当が「吉澤ひとみサイン!」によって当た
っていたので、競艇与し易し?と考えてしまったな。失敗
失敗。


競馬でもそうだ。最近の稼働状況は、大きなレースにな
ればなるほど、露骨なパターンをまずはずしてくる。ここ
でやるかい?ってところでやってくるのが常なのだから、
同様な警戒感をもって競艇に臨むべきだったのである。


しかし、いくら内枠有利とはいえ、7レースだか8レース連
続で1枠が1着し続けるなんてのは、なんなんだありゃ?
ヤラズをしろよって話。まぁ、買いに来た日が悪かった。


ビギナーズラックが全くなかったから、競艇にはまること
は無くなったわけである。残念でした、日本財団さん。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-28 22:03
前日の京都メインレースで、マイナス2の位置に入れられ
ていたアンカツ(2着)が、翌日の菊花賞でも同じ位置に
いる。


昨日やったから、今日は来ない!と思わせて、最近の怪
しさぷんぷんの騎乗の数々と、今回の比較的人気薄の
シチュエーションを諸々加味して、ダイシンプラン。
(まあいまのところ、この秋のG1シリーズすべてで、ア
ンカツを買い目に入れる予定であるが。1着席許可もら
うまで)


問題は、1番人気のオウケンブルースリである。菊花賞
に「スリ」が入ってる名前が相応しいか?という問題。


怪しいネットや書籍では、日本の象徴体系の比較的新
しい時期に、「すり替え」が有ったとか無かったとか書
かれてもいて、それが事実であったかなかったかが、今
回の菊花賞で内田博が3着以内に入れてもらえるか、
それとも1番人気のヤラズ命令をくらうかで、JRAさん
の公式見解的にわかるってことかも? 事情通のJRA
さんなら、正しい史実を御存知やろし。


ダイシンプラン
マイネルチャールズ
スマイルジャック
フローテーション
アグネススターチ


先週の秋華賞に続き、馬名分析的には、レース結果が
出るのが愉しみである。JRAさんの見識が問われて。


「維新」の時期に「スリ」ってタイミングが面白い・・・。
どういう着順管理をみせてもらえるんでしょーか?
(さすがに、そこまでブラックにはやらんかな・・・)
[PR]
by yohhoh | 2008-10-26 09:52
吉澤ひとみさんの競艇イベントの日。まさか岡山まで行くわ
けにもいかないが、児島競艇サイトのイベント告知ページ
をみると、わくわくするのは確かだし、おまけにちゃんと吉
澤姓の「吉」の上部が正しく「土」で表記されてあるところ
からも、主催者側はサイン発信に使うのだなとわかる。


例年とても相性の良い秋の福島開催のレースを買おうと思っ
たら、三浦が来てしまっていてサイン崩しの大盤振る舞いだ
った昨日。


たしかに春のローカル開催(福島&新潟)の時に、通常通
りのパターンが全く通用しない(三浦が出ていないレース
は比較的いつものパターンが稼働)のに懲りたわけだが、
相変わらずこのでっちあげ新人は、ガンダム00風に言うと、
「世界の歪み」ならぬ「出走表の歪み」を作り出す薄汚い
奴でありつづけているようだ。


実力に裏打ちされ、腕っ節に本当に自信があるのなら、府
中で乗れよいい加減に。競馬関係者の子供ではないと報
道されているが、公表できない部分で、どこかの競馬サー
クルにつながっているのだろう。都内出身で、週末ごとに
成田まで乗馬に通い続けた経験があるようなので、そのと
きにJRAのエージェントに目を付けられ、とんでもないネ
ーミングの持ち主というところからも、出走表に印刷して
おくのに打って付けの存在として、ここまで計画通りにで
っち上げ続けられているのに違いない。もぉ、エクシア、
そんなん駆逐してくれ。


せっかく調べてある福島のレースの妄想パターンも、三浦
の存在によりぐっちゃぐちゃになる可能性が高く、みすみ
す大損するのが目に見えている。投入予定の資金は、大
幅に減額だ。つーか買わないのが賢明。


今年は奴がへばりついているせいで、ローカル開催での
馬券購入額がおもいっきり減っている。はやいところ、奴
が中央場所要員に組み込まれるまで、ローカル開催の出
走表に正しい健全さが戻るまで、こちらはじーっと待つだ
けである。


まあインチキ三浦の起点サインを分析しちゃえば問題ない
のはわかっているが、不愉快なのでデータをまとめる気に
もならない。若い新人は、すっぽんぽんの人気薄を次から
次へと馬券にするのが仕事。それを印の付きまくったクソ
馬ばかり持ってくる奴など、害虫と一緒なのであるから。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-26 09:21
入浴剤のように白い温泉(立ち寄りのくせに、値段高すぎ)に
入ってくれた伊藤奈穂子さんが、湯船に到達する前のプロセス
でバックショットを丁寧に見せてくれた事に感動。


アップにまとめた後ろ髪のエロいこと。肩胛骨付近の芳醇性
も、単刀直入言って芸術である。


東北系の新潟美人?(詳しいプロフィールは知らぬが)のテ
イストを漂わす伊藤奈穂子さんを、相撲取りちっくな呼称で
「奈穂子盛」と表していたけれど、まさに盛りも盛り。女っ
ぷりの盛りを身をもって表現してくれてるようでもあった。


中京テレビの案内役も、本田恵美アナウンサーを起用してく
れて、わたくし個人向けのサービスとして完璧。サービスの
何たるかを心得てくれているのが嬉しくてしょうがない。ズ
ムサタ、最高に良い番組。



その心意気で、インチキ球場にインチキボールを使った野球
ばかりやらせて(こすったポップフライのような外野フライ
が、スタンドに入ってしまう哀しい野球)、日本野球の打撃
力を著しく退化させるべく読売が邁進してる点に、


「こんなくだらないことをやっていては駄目!」


と、シビアな苦言を呈するくらいの率直性に繋げて欲しいも
のだけれど、さすがにそこまでは酷ですなぁ。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-25 21:56
日曜日に、チバテレビで放送していた「競馬ダイジェスト」。
流された秋華賞の勝利騎手インタビューは、岩田を右斜め前
方からとらえたモノだった。


髪を短くして頭の輪郭がはっきりとわかり、鼻への曲線まで
もが、一連の流れを描いている。そこでふとひらめいた。とい
うか、岩田の顔の輪郭が、変な着想をもたらした。


ガッツ星人、そっくりじゃん・・・と。


ウルトラセブンを苦しめた異星人。JRA純正騎手たちが、ウ
ルトラ警備隊だとしたら、本来のサイン稼働を徹底的に破
壊し続ける地方騎手たちは、よそものという以上に害悪な
怪獣そのものだ。


ヤラズの時は無気力スタイル。ヤリ許可をもらったら、豹変
して鞭打ち連打におおげさな追い方披露。そのこけおどしっ
ぷりの不愉快なこと。馬券を取っていても、あまりイイ気分
じゃないのはいつものこと。


地方出身騎手をJRAに横入りさせるにあたって、その選考許
諾に関係したおっさんたちに、ウルトラセブンおたくがひとり
くらいいたって不思議じゃない。ロリコン・アイドルオタが、
枠順作ってるおっさんたちの間に複数混じっているように
(妄想)。


中央競馬受験の願書に貼られていた岩田の証明写真を見た
とき、「こいつにガッツ星人役をあてがおう」とニヤついた
おっさんが既にいた可能性だってある。


となると、古来の血縁騎手だけを跋扈させる澱みきったシス
テム内に、緊張と変革をもたらすため、必要悪として戦略的
に地方騎手も入れている面も少しはあるのか。そう思った。
おっかないタニマチに脅かされて、地方騎手流入を甘んじて
認めているだけではないのかも・・・と。


そしてガッツ星人をサイン活用するにはどういう解釈をすれ
ばいいか、しばし妄想モードに入り、思いたったアイディア
を数値化して、先の土日の出走表に当てはめてみる。


そしてレース結果と照合・・・。まあ照合するまでもなく、
計算している時点で、あ、該当しちゃってる・・・とわかっ
た事例がいくつも出現。


ふざけんな、くそったれ。


岩田が髪を短くしてきた姿を確認した時点で、「岩田が髪
切ったの見た?」「ガッツ星人そっくりやで」というヒソヒ
ソ会話がなされ、稼働サインの書き換えを実行した職員が
いると妄想するのが正しいのか、それとも最初からの計画
通りと解釈するべきなのか、いろいろ考えさせられもする。


菊花賞の過去問をチェックしてみれば・・・。


要するに、関西主場レース。いや、岩田出走レースにおい
ては、岩田起点サインを無視してJRA競馬は成り立たなく
なっているってことであるな。とほほ。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-23 22:21
HANGRY & ANGRYの2曲目の先行試聴曲が公開になった。


今度の曲は一部のみとはいえ、楽曲自体はまたまた良好。
ハロプロ楽曲で、二作続けてマトモなモノが出てくるな
んてありえないだろう・・・と思いつつ、あ、もう、この
コンビは変なクビキから自由になったようなものだ、だか
らこうもマトモな曲に恵まれるのだ、良かったなぁ・・・と
感涙。


タイトルを見て、アンジェリーナ?、元春風でもええがな!
と感じたけれど、よく確かめたらアンジェリアでした。


子供だまし調とか、ビンボーくさくて歌謡曲っぽいださだ
さな旋律が、紛れ込んでないのが素晴らしい。


なかなかのスタイリッシュさ。メロディも、中の人もキレイ
だし、この企画は、率直に騙されてやろうかな・・・と思う
気にさせる。


アルバム収録曲の残りが、たとえ「あちゃー」というコミ
ックソングなノリのものばかり?だと悲観的に考えても、
この2曲で充分買い。(まさか、そんなことはあるまい)


こういったテイストが、吉澤ひとみさんのビジュアルに映
えるし、石川梨華さんのフェミニンな部分(ルックスも声
音も)が、よっすぃーのさっぱりした部分を補って調和さ
せている。


よろしきコンビネーションである。


スタジオパークに出たいきものがかりを録画し損ねてし
まったが、素直に、ま、いーか。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-22 23:47
昨日の読売新聞をめくって、秋華賞の結果をあらためて見
返した直後、その反対側の誌面全体から発せられている
スーパーオーラにギョッとさせられた様な気がして、瞬時に
目を向けた。


そこには、水着のきれいなお姉さんが、全面で掲載されて
いた。


色白のちょっとハーフっぽい顔立ちの美女。


mine-erika-shimbun.com


と書かれており、私のエリカ新聞?、なんじゃそりゃ?


エリカさまの全面広告か?、変なおっさんと別れて?、心
機一転活動再開ですか?・・・などと妄想が先走った。


で、まあせっかくだからと、件の文字をキーボードで打ち込
んで行ってみると、峰えりかさんというモデルさんと判明。


しかも、各都道府県それぞれに違う写真を使って、大々的
な仕掛けを打ってきた由。(他の3人とともに)


こういう企画、アイディア、なかなか素晴らしいと思った。


他の3人には興味湧かないものの、この峰えりかさんのト
ータルバランスは超高レベル。色白、ちょっとハーフっぽ
い顔立ち、スラリとした体躯、適度な凹凸・・・。


最強だ。惜しむらくは、せっかくブログを持っているのに、
更新に熱心さが乏しげなところ。文章を書くのが、あまり
好きじゃないのかしらん。きっと彼氏とかには、そんなこ
たーないのだろうが。



他の県に掲載された写真もすべて見られる件のサイトは、
彼女の高レベル性が、あますことなくわかる。


普通、一冊の写真集に数十枚の写真が載っていても、う
っとり出来る内容は20とか30%くらいのケースが往々
にしてあるが、彼女の作品の場合は、軽く50%越えそう。


絶対、買います。
[PR]
by yohhoh | 2008-10-21 10:39