ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

(9月29日分)


たとえば、秋山莉奈さんのところに小阪由佳さんの登場。或い
は岡あゆみさんのところに金田美香さんが登場すること。


こういったそれぞれのブログに、別のタレントさんの記述やお
写真が載ることは、仕事仲間だったというところで(こちらも、
そのことを知っているわけで)、普段の記載とは別に、「お出ま
しになったな」という印象をもたらすのが何かイイ。


だが、脈絡もなさそうな意表を突いた場所にお気に入りさんが
いきなり現れると、これまた嬉しさもひとしおなのだ。


小島可奈子さんのブログに、同じ映画を撮影中という秋山莉奈
さんのバースデーお祝いシーンのショットが載ったこと。これに
思わずニヤニヤせずにいられなかった。夜中なのに。


おっさん向け雑誌に、エロい演出を施されて出てくる秋山さん
よりも、ご本人のブログや、こうして普段のありのままの表情で
撮られたショットの方が自然ですこぶるいいな・・・彼女は。


教師役小島可奈子さん、生徒役秋山莉奈さんという組み合わせ。
キャスティング的に見てみたさが募る映画である。どうせ見るとし
ても、DVDになってからやろーけど。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-30 10:45
(9月28日分)


千葉の外房から南部までがルートだった「ドライブ A GOGO」に
小阪由佳さんが登場。彼女が千葉に来てくれたってことだけで、
率直に言って気分がよい。


自らのブログを、単なる宣伝ツールとみなしてるタレントさん(陣
営)が多い中で、彼女の場合は内面と向き合ったプロセスなり、
混乱してるカオスの有り様なりを、言葉に紡ぎ続けてみせてくれ
るときもあったりして、その素直さに「この子、いい子だわさ」感
が増し、感情移入も自ずと高まったりする。


たまには焼き魚でも食べようかと、サンマ目当てにスーパーに
行ってみると、キラキラ輝いてる銀色の皮に、水色の不自然き
わまりない細かい液体が付着していたりする。何やこれ?、臭
み止めの添加物か何かじゃね?・・・と眉をひそめたくなるケー
スが多々あり、食品添加物が入っていると、酒を飲んでいなく
とも上気して半酔い状態になるデリカシーに満ちた体質なため、
買うのやめややめやと相成ることが増えた最近。


そんなことが重なってくると、海産物を食らうことにあまり執着
が無くなるのも自然な流れ。ゆえに、大原漁港名産の伊勢エビ堪
能シーンに生唾ゴクリすることもなく、ラストの館山の塩水温泉
入浴シーンでゴクリ致した。


東西の重賞とも、1番人気が勝ちそうということで、メインレー
スに対する執着が無くなっていただけでなく、他のレースでも
引きが無さ過ぎてあんまりだった馬券成績によるブルー感が、
バリ島風洞窟風呂に入っている小阪さんのお姿で清浄化されて
いった。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-30 10:10
ズムサタ内のニュースを担当していた杉上アナウンサーが番組か
ら卒業すると知り、朝から真っ青になった。なんてことをしてくれ
るのか、まったく。


これで風情の欠片もない新任がやってくるのか・・・無念だ・・・と
嘆いていると、後任は馬場アナウンサーだと知らされ、たちまち復活。


いまの日本テレビの女子アナウンサーで、情緒の面において秀
逸なふたりが相次いでニュースを読んでくれるこのズムサタ。当
分、「もう見るものか」となる心配はなさそうである。


しかし、いつもの報道スタジオから原稿を読んで番組に参加する
形式とは異なり、お別れの意味もあってか、番組にダイレクトに
登場してくれたサービスに感謝しなくちゃ・・・とは感じた。


杉上さんは、3割り増しドレッスィーな雰囲気で、うっとりさせて
下さったから。


ここのディレクター陣は、ツボをわきまえている・・・といつも思う。
この番組の「見識」が日本テレビ全体に影響力を及ぼせるなら、
もう少し日テレは視聴率取れるのではないかな?・・・なんて感
じたりもして。


杉上さんのお気に入り曲という、レミオロメンのCDを買うことに
決めた。たしかフジのオリンピック番組で流れていたその曲。結
構気に入っていたのも伏線となっていて、これが決定打だ。


いざ買ったなら、この曲を聴くと杉上さんのイメージを瞬時に連
想できるように、脳内で条件付け作業に励もうと考えている。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-27 21:47
巡回先の吉澤さんのファンサイトさんで、よっすぃーが競艇イベ
ントのゲストとしてトークライブを行う旨を知った。


10月末。もしも11月初旬に衆議院選挙が行われるならば・・・と、
ひとつの大きなイベントの日時を計算に入れて、現在の自民党
上層部の約1名の存在、日本財団、現在の与党のシチュエーシ
ョン、吉澤さんに関してのネット上のウワサ(それが事実であろう
がなかろうが、それはよそさまの問題であるからノープロブレム)
などをしっちゃかめっちゃかブレンドすると、妄想心をくすぐられる
ネタではある。なぜにこのタイミングなのか?という点で。


まあそんな詮索はともかく、その児島競艇で開催されるシリーズ
期間に招かれる他のゲストの名前からして、競馬と同様にゲスト
サインを使っているのね?と思えなくもなく、「ギャンブル場の客
寄せゲスト」という表面的な解釈では推し量れない、それはそれ
は深い意味を担っての人選なのは間違いない。


いまではNHK御用達?の優木まおみさんも、ついこの前までは
競艇のゲストとして重宝されていた?と記憶しているし、きったな
いオヤジどもが集い罵声飛び交うギャンブル場になんでミューズ
が・・・と思うと、そりゃあ純粋なファンの人などはショックを受ける
かもしれないが、貸店舗の2階でひっそりとやっていそうな怪しげ
で非合法の香りのするギャンブル施設?などとは違い、集金マシ
ーンとしての競艇やJRA競馬はしかるべき大企業のようなもの。


大役ですな、吉澤さん。


競馬のゲストとレース結果の相関性に関して、妄想に妄想の限
りを尽くした経験のある人間が懐く、至極率直な感想がこれ。


競馬と違い、競艇はまだ一度たりともやったことがないのだが、
これをきっかけにしてたまに買いましょうかね? エビちゃんパワ
ーに浴してるいまなら、勝てそうな気もする(気のせい気のせい)。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-27 00:49
(9月25日分)

お涙頂戴的な番組はイヤなんだけれど、加護ちゃん見たさに銀
座の母がどーのこーの速射砲のようにしゃべるであろう番組を
みた。



某球団の元風俗王?と付き合っていたと思しき姉ちゃん、はよ
引っ込め(他人だからどーでもよいこととはいえ、将来が末恐ろ
しそうな娘の顔立ちも、見ていて気分の良いものでなくて)と思
い続けて、ようやく次に出てきた加護亜依さん。


その姿を見て、銀座の母が突然泣き出して涙が止まらなくなっ
たのは、自殺未遂を伝えられたけれども、この先にもそういう運
命がまたやってきてしまうことを瞬時に感じ取ってしまったからじ
ゃね?・・・とこっちは思った・・・。(どうやら違うようだったが、あ
れほど露骨なまでに感情が抑えられなくなるのは、元気そうに
けなげに今回出てきたのを見たから・・・という程度の釈明では、
容易には信じられない反応であったなぁ)


今後は女優さんをやっていくそうであるけれど、思い通りにいか
ない中で、口車に乗せられ騙されて、変なエロ方面に進出する
ことなきよう・・・。


上唇の薄さが、どうしても幸薄げな印象をもたらすなら、エロよ
りも演歌の方がむしろ良きかな・・・である。ジェロのように、秋
元にいじってもらえれば、或いは・・・(なーんて)。



上唇と言えば、小泉麻耶さんだな。その小泉さん目当てに買っ
た先週号のSPA!を、加護さんの上唇の印象をキープしたまま
見開いて比較検討して、さらに彼女のブログを見つけて何日か
さかのぼってみて数分後、もうわたしゃ「虜」となれり。


******

(9月24日分)

CDTVの15周年記念スペシャルライブといい旅夢気分スペシャ
ルといい、NHKのニュースといい、わざわざ録画するほどでもな
いが、それなりに見たい番組を3局でやってる状況に対して、こ
ちらは同時並行的チラ見で対応。


あまり旅番組に出ることはないと思われる大女優の岩下志麻
さんの出演場面では、普段のこのテの番組のだれて気安い雰
囲気が皆無で、周囲がピリピリ緊張してるのが画面からうかが
えて、かえってニヤニヤした。その異質さが存在感なのである。
面白すぎ。


で、ちらっとTBSにチャンネルチェンジをすると、ミスチルの出演
時間だったりして、おお!ラッキー。ELTはさっさと出ちゃったかな
と思っていたら、かなり押し迫ってきた頃に出てくれてこれまたラ
ッキー。サザンはYaYaをここでも歌ってくれてトリプルのラッキー。
(各歌手の初登場シーンを回想する場面で、沢尻エリカさまのは
にかんだ初々しい映像も見られたし、惚れ惚れ・・・)
[PR]
by yohhoh | 2008-09-26 23:53
ローズSで過去に3着以内に入れてもらえた馬たちに共通する
ネーミングに踊り関連名があり、それがいないときは顔に出ると
シビアな病気の名前がみられる。「トウショウ」や「ライ」など。


ダンスと病気の関連性を妄想すると、舞踏病というものあるそう
だし、病気関連名が結局このレースのコンセプトに相応しそうだ?
とみなしてみる。みてくれの大切さを、事さらこのレースは強調し
てる?とでも言いたそうな・・・。それがイイのかワルイのかは、言
わずもがなであるけれど(人それぞれの個性なんだし)。


ブラックエンブレム
トールポピー
エアパスカル
オディール
マイネレーツェル


「演舞」と「舞い」のどちらかが3着以内に入れてもらえるのを期
待してボックス化。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-21 11:10
ノートンのCMで、全面広告になっていた中川しょこたんのアップ
は、目元にお父上の面影が出ているようで?、印象がちょっと違
って新鮮な印象をもたらしてくれた。


左サイドからの接写のせいなのか? 逆サイドからの接写も是非
見てみたいな。


・・・・・・・


何となく「20世紀少年」を見たいかも・・・と思うようになってきて
るのは、一昨日のモクスペ「大予言スペシャル」に紛れ込んでい
た(かもしれない)サブリミナルの影響か?


その映画の宣伝を、最初からさらりと入れて来ていたし、ナベ
ツネテレビ局のこと、何やってるかわかったもんじゃない。だか
らなるべく必要最低限(ズムサタくらい)しか、あの局を見ないよ
うにしている、おっかなくて。


・・・・・・・


エビちゃんの写真には、護符的パワーがおありかも?


丸一日、トースポから競馬欄を取り外さず、エビちゃんの写真を
事あるごとに眺めながら、馬券を買い続けての個人的感想だ。
言い換えれば、あげ*ん的素養もあるやも。


脳まで筋肉化してるような、露骨なほどの体育会系には見えな
い「彼氏」と見られている人物。やはり羨ましいぞ。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-21 00:00
今日のトースポには、エビちゃんのカラー写真が、一面に結構
大きめに載っている。これだけで新聞代120円の元は取った。


右側面がチェックできる角度。右耳の輪郭及び耳たぶがのぞい
ているが、予め懐いていた印象よりもずっと我が好みの耳の形
状をしているので、エビちゃんへの好印象の度合いはまた上昇
した。スバラシ過ぎ。


別に誰と付き合っていようがいなかろうが、んなこった関係ない。
(ひとつ言えるのは、エビちゃんを嫁にしたら、よほどの罰当たり
野郎でない限り、間違いなく幸せ者となると思われること)


九州中南部出身の人の発する独特なイントネーションは、それ
が可愛い女性によるものだと、ルックスを余計に彩って困るほど
だ。


視覚によるうっとりと来る刺激にとどまらず、聴覚刺激までが加
わるんだもの、そりゃもー強烈である。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-20 08:26
吉澤ひとみさん見たさに、日本テレビ深夜の「浜ちゃんと・・・」を
チラ見。


ダウンタウンの浜ちゃんがひとの頭を小突く強さが、随分優しく
なってる気がした。吉本やTV局に、苦情でも殺到したのだろう
か? ドラキチの加藤くんや、熊田曜子さんをベシっとひっぱた
く動きに、加減してるさまがありありなのがちょっと異様だった。
(ターゲットがお笑い畑の人間でなかったからかもしれないな)


芸風とはいっても、ひとの頭をボカスカ小突くのを、TVで垂れ流
すことなどあまり良いわけはないわけで。日本の民度の低下
に、吉本をはじめとするくだらないお笑いがTVを占拠している
ことが間接的に貢献してるのは確かだろうし、他人を小馬鹿に
したり(素人までも)、平然とひっぱたいたりして笑いを取らにゃ
あやっていけないようなのは消えれば良いと思ってきたから、こ
れはこれで少しは良い傾向と言えるのかしらん。


話術やネタの巧みさで笑わしてもらえるなら、精神衛生の面で
純粋に「笑いの効用」も大いにあると思われるが・・・。


それはそうと、外国の怪しい缶詰の中身をおそるおそる食べる
という企画は、TVにありがちな予定調和というか、「お約束性」
というか、入念な打ち合わせ済みから来る?画面の手堅さとい
うか、とにかくそういった安易な進行にスリルをもたらしてくれる
から、出ているタレントさんの表情に活き活き感がみなぎるの
がイイ(そうはいっても、予め試食してるかもしれないけどさ。T
Vのやることなど信用できへん)。


吉澤さんも、おっかなびっくりお口に運ぶさまが微笑ましく、食
後のリアクションもキュート。


ただ、他の三人の出演者に比べて、味を認識するリアクション
の点で、慎重さがえらく際だっていた。かなり目立つボディの増
減を経験した吉澤さんゆえに、その過食ないし拒食のプロセス
を経たために、軽く味覚障害的なものの名残が舌に残ってるの
かな?・・・と妄想したりもして。


「あれ?・・・」と言いながら、慎重に味を見極めようとする表情
はいつにも増して美しかったから、そげなこと考えるのは全くヤ
ボではあるけれど。そこにある「素」。この「素」こそ、真の美を
あますことなく表現してくれるのである。美人はトク。



熊田曜子さんの目の下のクマが、相変わらずエロティシズム感
じさせてくれたのにも満足した。目つきや、変な化粧っ気濃厚な
いやらしさとは違うもの。彼女の水着姿をみなくとも、顔にそん
なエロスがあるから、いつになっても好きだな、きっとこのまま。


*****

(9月17日分)

もう4、5年前になるのだろうか?


証券会社のCM内演劇で、証券会社の職員役の某歌舞伎役者
が、「不動産の証券化について御存知ですか?」と、会議でお偉
いさんに向かって発言するシーンがあった。


それを知らなかったと見えるお偉いさんは、「もっと話を聞こうじゃ
ないか・・・」と応えるという流れで、そのCMは終わった。


不動産の証券化だって? んなクソやばそうな宣伝の口車に乗
る役を演じるなんて、いくら広告代理店経由でもらった仕事を、カ
ネのために粛々とこなしてるだけにしても、ケッ、ヤダネー・・・と、
全然他人事なのに変な気分になった記憶が強烈に残っている。


別に興味があったわけではないけれど、何でもかんでも証券化
して取り引き材料にするということに、とにかく違和感があった。
根拠もなく。不愉快なCMとしてずっと印象に残っていたら、この
たびのリーマンブラザーズの破綻も、そういう不動産の証券化ビ
ジネスによる失敗が、原因のひとつになってるというじゃないの。


一部に都合の良いビジネスモデルが、すべてにバラ色の展開を
保証するわけもない。どこの証券会社がやっていたCMだったか
忘れたが、そこもリーマンに対する負債をおもいきり抱えてるん
じゃあるまいか? ださい流れだ。



まだ学生だった頃の大昔に、証券会社の利回りの良い商品に
数年間のバイト代をあらかたぶち込んで増やしていたところ、営
業の姉ちゃんから他の新しい商品も是非買ってとの電話がよく
入るようになった。


あんまりしつこいのと、声がキレイだったのにもほだされて、留
守電に録音中に「はーい、もしもし」と出てみたらば、どうみても
当時預けていたものよりも低い利率のモノにシフトチェンジさせ
ようとする腹黒いお誘い電話だった。


こっちが利率の比較も来ないアホと思ってるのか?、なめくさり
やがって、潰れちまえクソったれと電話を叩き切ったわけでは
ないが、そういうふざけた営業電話を平然とかけてくるのが証
券会社であり、信用できない人種の最たるものと規定して、本
人たちは偉いものになった気でいるにしても、他人の銭の手数
料収入で生きてる賤しくもさもしい業態を生業とする奴らとみな
すようになった。


そしてかつて「潰れちまえ!」と思ったまさにその証券会社が、
まんまと潰れて「それみたことか」とシニカルに笑って約10年。


無数の人たちに「潰れちまえ」と思われていて不思議じゃない
多くの証券会社をはじめとする金融機関が、天罰くらうがごと
くこれから先バッタバッタと潰れていくのだろう・・・たぶん。



まあ最近のわたしと来たら、いくらふざけたサイン崩しを毎度毎
度くらって大損しようとも、JRAさんに対しては潰れろ!とは思え
ないなぁ。負け続けてる約10年分預けてあるものを、いまに収
奪し返しちゃると、根拠全然無く盲信しているからだ。
だから、むしろ潰れちゃ困りまするぞ。へへへ・・・。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-18 23:59
NHKの犬ドラマ「ディロン」は、今後も定期的にドラマスペシャル
で続くのかと思っていたら、意外にも今回でラスト?だった。
(モデルの犬も去年の7月に亡くなったそうな・・・。中学の時か
ら飼っていたうちの犬が死んだのも、そういや7月だった)


ストーリー的に、最後の方だけ見ればいいか・・・と考えて、ラス
ト5分しか見ていないのに、ジーンと泣けてきて困った。イイトコ
取りした気分。


犬がもう歩けなくなってしまって、タオルの上に横たわってる場
面を見せつけられてしまうと、むかし飼っていた犬のみまかり際
が思い出されて、もうひたすら駄目なのである(ディロンに関して
そういうシーンはなかったけれど)。


足が立たなくなってしまったが、まだ顔の表情は一応元気で、目
もとりあえず光があるようなとき。半放し飼いで、うろうろしまくって
いた庭の方々を、目に焼き付けさせてあげたいなと勝手に思って、
抱き上げて外に出た。


そして、「よくここにサンダルとか埋めたね」とか、「この壁で鳴い
てた蝉に飛び上がっていこうとしたら、おしっこひっかけられそう
になったね」とか、「垣根の隙間から道路の様子を覗き込んでい
て、おい、覗き魔くんとよく後ろから声をかけたよね」とか、かい
つまんで犬にしゃべりかけながら、庭を歩き回っているうちにこ
っちも犬との無数の記憶が思い出されて、涙が止まらなくなった
っけ。


10年近く経ってる今の今も、それを思い出してまた・・・。
うぅーむ、カタルシス。
[PR]
by yohhoh | 2008-09-16 10:09