ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

50億?とかありえなそうな1等賞金につられて、5年ぶりくらい?
にトトを買ってみた。


コンピューター任せの「BIG」。売場のおばちゃんから渡された紙
を一瞥した瞬間、悲しいかな「ハズレじゃん・・・」とわかってしま
った。ダントツ最下位チームが「勝利」となってるんだもの・・・。


まだ結果が出る前、試合の始まる数日前の時点でハズレとわか
るクジってなんぞや? 夢も見られない。あったま来た。


胴元が「収奪」するために、この最下位チームの勝利が印字され
る確率って、勝ち引き分け負けの3分の1ではなく、勝ち95%くら
いで出るようプログラミングされていたりして?


これなら、たとえ配当が下がっても、各試合の帰趨の予想をこっ
ちで書き込んだ方が、よほど納得がいく。それ以前に、天皇賞の妄
想にかまけていた方がいいかな。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-30 21:44
小阪由佳さん見たさに「田舎に泊まろう」を眺めていると、彼女
の前フリ役?のルー大柴が訪れた、群馬・六合村の宿泊先の
人の異常な若さに驚いた。


40半ばくらいにしかみえない人物が、実際は還暦直前という
おそるべきアンチエイジングぶり。老けた30代後半と言っても
納得できるような年格好なのだ。


飲み水が良いからだろうな・・・と、その夫婦を眺めながらうな
るばかりであった。ひるがえって、ますます水道水に含まれる
塩素をはじめとするインチキ物質が、よろしからざる作用を及
ぼしてるに決まってる!という盲信が強まる。


水質浄化と称して、他にも本来は体内摂取しない方が良い
物質を添加してくれちゃっていないとも限らないし・・・。



そしてメインディッシュの小阪由佳さんは北海道へ。気まずい
シチュエーションに自らをアジャストするためのテクなのか、声
のトーンが小倉優子りん的になるのがなかなか感じよい。


ほんの一瞬だけ、入浴剤の入ったお湯に浸かっている入浴シ
ーンを挿入するなど、テレビ東京はサービスに怠りなしなのが
素晴らしい。そのひと手間が、映像作品としてのクオリティを格
調高いものにするのを心得ている。さすがだ。


早朝から4時間?以上の「お礼奉公」が、通常と比べて大変す
ぎ?と思われたが、そのスーパーの開店前作業をこなし続ける
映像に、ますます小阪由佳好感度が上がった。イイ!


写真集買うかな。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-28 10:38
何やらクイズ番組に出演していた吉澤さんの美しさ(神々しい鎖骨
にも)に惚れ惚れしていると、「TVでこんなにスリムに見えるなら、実
際はもっとすごい痩せてるね、このモーニング娘の子」と声がした。


いつの間にか、居間に同居人が来ていた。うっとりし過ぎてしまっ
ていて、周囲への注意を怠っていた。忘我のあまり、よだれを垂ら
していなかったか、まあそこまでいかなくとも、口を半開きにしてい
なかったか、かなり気になる。


それはそうと、10代でビジュアルのピークを迎えてしまい?、二十
歳を過ぎるとみるみる劣化する症例だらけな中、この吉澤ひとみさ
んのクオリティ・キープというか、進化のプロセスは目を見張らされ
る。ファンで良かった。ミューズの美貌とともに、自らのチョイスの正
しさ?にまで、少しだけ酔える。くぅーっ。


アルコールといえば・・・。
ゼロナマ、微妙すぎ。全部飲み干せなかった・・・。やはり同じサン
トリーなら、モルツじゃな。くそまず発泡酒を口にするくらいなら、ミ
ネラルウォーター飲んだ方が、よほど美味しいし。


雑誌にコメントしているメーカーの担当者も


「発泡酒は麦芽を多く使うほど美味しくなります」
「しかしそれでは糖質が高くなる」



と書いてある。そのあとで、いろいろ美味しくしようとする製法につ
いて言及してはいるけれども、糖質減らした発泡酒を美味しくする
ってことは、無理難題、ナンセンスなのだとよーくわかった次第。
こちらの舌で如実に感じたわけで。


サントリーのビール事業部の人、えらい正直でかえって好感が持
てる。


まあどうせ酒飲むなら、ちまちまカロリーやら糖質を気にすること
なく、美味しいものを適度に飲めやってことかしらん。あとあとのこ
とは、自己責任なので。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-25 10:53
少年隊、「東」のヌードが見たいから、「Tarzan」買ってきてよと嫁
がほざいた。


んなの、立ち読みすればいいじゃんと応じると、「恥ずかしい」とい
うようなリアクション。


まだそんな羞恥心が残っているとは、捨てたもんではないな、そ
の気概に免じて買って来ちゃるとお買い上げ。この雑誌、400円
しない価格じゃなかったか?と思ったら、レジで480円取られた。
売れ行きを計算できる?今号だけの特別定価かとバックナンバー
のページをみてみると、480円だったり500円だったり、今回は
まだ良心的な価格設定がなされていた。


見映え追求のあまり、余分にカラーページを増やしてコストを上げ、
それで部数減を招いていないか?、バカじゃん出版業界・・・と思わ
ないでもない。10年くらい前に買って、たぶん「資料」として押入の
どこかに眠っている「Tarzan」を出してみたら、カラーページの増えっ
ぷりに、なんだよ、幼稚園児向けのテキストじゃあるまいし、人をバ
カにしてんのか?と腹立たしくなるくらい邪魔になるほどにカラー化
しているような気もする。


吉澤さんのような美人さんが、くつろぎながらおもむろにぺらぺら
めくっているシーン限定で「絵」になるが。



というのも、つい先日の新聞で、以前よく本を買っていた都内の
本屋が、まもなく閉店しちゃうせつない情報に触れたばかり。活
字離れや、ネットの普及。ゲームソフト代、携帯電話代にお小遣
いを振り向けて、若年層が書籍代に資金をが回さなくなったから、
などと分析されていたが、要は、たいして給料水準が上がってい
ないにもかかわらず、こういった昔からある雑誌類の値段が調子
よく上がりすぎだから、という側面もあって不思議じゃない。中小
の書店では、雑誌の売り上げが特に重要のようで・・・。


中味のワリに、値段が高すぎ。消費者は少しは賢明?なのかも。


と、そんな具合に買ってきたものの、嫁はぱらぱらめくって、案外
なリアクション。もっと刺激的なカットを期待していたのかもしれぬ。
残念でした・・・。


たかが、20円足して500円。500円をこうして無駄?にするなら、
全然人気のない15番人気の馬だけど、枠順分析ではヤラカシ可
能性が否定できないんだよなぁ・・・、その15番人気を軸に、上位
5番人気までワイド5点流しの馬券を、本線とは別に買っておく方
が、よっぽど夢が見られるわけであるからして。


来ない確率95%に対して、その超人気薄が謎の鞭打ち連打をか
まして大外から突っ込んでくるケースもごくたまーに、現実としてあ
る以上・・・。


まあたしかに、表紙から期待を懐かせる「予想」からすると、あれ?
これで東のページは終わり?、という感じがなくもない。


仕方ないので、もろもろのページを熟読。このままでは、480円
の投資に対するまっとうなリターンには程遠いわけで。


アルコール業界とのタイアップ記事的な、健康志向のアルコール
飲料紹介ページに載っていた、サントリーの発泡酒「ゼロナマ」は
一度味見をしてみるかと思ったこと。


「TRAIL-RUN,RUN,RUN」というページに紹介されていた、富士山
の絶景が見られる富士岬平の存在を知ったこと。


このくらいかなぁ・・・。特に後者の情報を得られたことは大きい。
とりあえずそのことは、東に感謝。


4年くらい前の一時期、体重が80キロに達し体脂肪率は23%。
32インチのジーンズが限界に達したのを機に、しかるべき対策を
講じた今では、体重65キロ、体脂肪率11%、ジーンズも30インチ
が緩くなってきてる。そんな現状には、エクササイズ雑誌は不要な
のである。(春は例年ウエイトが一番増えている時期なので、夏
には63キロくらいになってるはず。愉しみ愉しみ)


ただ、7号前のアンチエイジング特集は、一通り目を通してみようか
な?
[PR]
by yohhoh | 2008-04-22 11:07
1番人気馬からの3連単1頭軸マルチって・・・。そんな予想
あるかいな(by「止まり木ブルース」)。こういうのを、ヤケクソ
と言うのだな、間違いなく。


メインレース予想をするにあたって、日刊ゲンダイの上記連載
小説は、「その軸馬を自動的に消せる」大切なツールなので
あった。これまでは。


まあ今回は、1番人気マイネルチャールズがどうのこうのより、
3連単の配当が3連単1頭軸マルチの816倍よりも安くて、
「ガミ!」というオチになるかな?という可能性を思ってみたり
した。


皐月賞の日は、「これで秋まで中山競馬場でレースが見られ
なくなる、どこか寂しい日」であると同時に、花粉症がほぼ終
わり、初夏に向かって気持ちよく空気が吸えるようになるタイ
ミングでもある。


そんな皐月賞。今年配布されたJRAさんの「競馬カタログ」内
で、若手騎手3人の座談会が記載されていたが、その中でひ
とりだけ真っ白いシャツ姿の藤岡兄のヤラカシを期待してみ
たい。(他の二人・川田と吉田隼人でも可)。というか、今年の
G1において、この3人の単勝炸裂が最低2、3回は欲しいもの
である。


相手は横典、柴田善、蛯名。ついでに件の小説内で1頭軸扱
いだった馬が飛ぶのを祈って松岡も。


昨日のマイラーズCでのお芝居ヤラズプレイのやり口が、露骨
に酷かった武豊も、あの行為が「サイン?」として買っておくべ
きだろうか。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-20 08:55
そろそろ仲間由紀恵は、あの赤いジャージのヤンクミ衣装が
厳しくなりつつあるかも・・・。ひっつめの髪型が響いているよう
な?・・・。顔の輪郭が少しずつ微かに変わってきているから
だと思われる。たぶん。


(朝のズムサタが番宣状態となっていたので、それを眺めて
の感想である)。


アナウンサーのモッチーが仲間由紀恵をぱくって赤いジャージ
姿になるのだが、こちらは実にお似合い。より似合う顔立ち、
或いはさにあらずな顔立ち。ひとそれぞれ、なのだ。


とはいえ、それ以外の場面での仲間由紀恵は、言わずもがな
情緒感が増して実によろしーのであるが。


まあその情緒感といえば、ズムサタのラスト、或いは週末の
お昼直前のニュースで原稿を読む杉上アナが、一段と味わ
い深くてたまらない。望月さん、伊藤さん、中京テレビの本田
さんに、ラストの杉上さん。ひとつの番組で4枚も揃えられて
は、他局がひとりふたりキレイドコロを投入してきても太刀打
ち出来るわけがない。何と素晴らしき土曜の朝の日本テレビ。
(それ以外の曜日・時間帯は、この局を見る事はないものの)


そして夜。禁断の「オーラの泉」を、明日の競馬成績が壊滅
になるのを覚悟してチェック。テレビ朝日が大好きなどこかの
最悪な一党独裁国家に遠慮せず、「ダライ・ラマ」と番組欄に
書いた英断に応えようかしらん・・・と考えたのと、単純に今回
は「見よう」と思ったのだが、そのチョイスは正解だった。


榎木さん、別人のようだったし。これまでのイメージと随分違っ
ていて・・・。局内の番組宣伝の色彩が皆無だったことが、オ
カルティスト2名の表情にも、ポジティブに出ていたかも。出演
者がみな楽しそうで楽しそうで。


ゲスなタイアップは、もはやウンザリさせるだけだってことを、
TV局にもいい加減気付いてもらいたいもんだ。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-19 22:35
角居厩舎というのは、大レース馴れしているだけに、JRAサイド
からみても、取消命令出しやすいのだろうなぁ・・・。滅多に大レ
ースに出走できないような陣営の馬に、ヤラズ命令以前の出走
取消命令を出すのは酷極まりないわけで。


そんなことを頭の隅で考えながら、7番・ポルトフィーノの取消
マークが書き込まれた桜花賞の枠順を眺めていた。


で、なぜにいったい、小牧はああも鞭入れを許されたかを解読
するべく、怪しい計算式にもろもろの数字を代入していったり、
マーカーで塗りつぶしたりの反省作業を行っていった。


しかし、「桜」花賞と数字の7といったら、タレントのさくらとロッテ
の西岡じゃね?・・・とアホのごとき連想が浮かぶまでさして時間
はかからなかった。


さくらと西岡の破局の意味を、7番の出走取消で表現したのなら、
女子プロゴルファーの古閑美保さんとやらは、アレで現すしかな
いでしょう、単純にアレで。彼女、美人ということらしいが、かつて
の村口史子さんと比べたら、美人との形容にいささか突っ込みが
入るんでねーの?と思うが、まあどうでもいいや。あややゴルフも
とっくに終わって、いくら八百長王子を使って人気を煽ろうとも、て
んで興味湧かないんだもん。それにしても、おとっつぁんが民主
党の議員になんかならなければ、女子ゴルフ界のさくらちゃんも
もっと活躍しやすかったでしょうにな・・・。


そもそも、桜花賞の出走表で遊ぶため、当事者に別れたフリし
てよ・・・とJRAさんからお願いがあっていても不思議ではない。
中山競馬場のイベントにロッテの選手が再三やってくることか
ら考えても、JRAとロッテ間に話を通すルートがあっておかしく
ないし。代理店の絡みでもって。仮に別れたとしても、手切れ
金かわりに、JRAさんからさくらに将来何らかの仕事のオファー
が??? 


さてさて・・・と、日曜同時開催の中山と福島の枠順を調べてみ
る。で、中山のメインレースの5番に古賀厩舎の馬が入ってい
た。やっぱり、あるじゃんあるじゃん。やってるじゃん、仕組んで
るじゃん。ここまでは妄想通り。ただし、後付での・・・。


これがJRAお得意のフェイク。桜花賞の5番・アンカツが、人気で
もヤラズ命令を受けた理由がここにあり。つまり、アンカツはレー
ス前から、積極的騎乗の意志を放棄していたことになり、競馬法
違反でしょう、立派にこれ。はい、永久追放でよろしゅう。


昔ならともかく、いまはバレバレな当日サインは怪しいって事だ。
ましてや(JpnⅠ)、ってかGⅠだGⅠ。何が国際化じゃ馬鹿馬鹿
しいわい。


じゃあ、土曜日だなとアタリをつけてみれば、はい、ありましたよ
土曜中山メインレースの15番も古賀厩舎。今更遅ぇよ、大ボケ
野郎な自分、くそったれである。(前日のレープロも、必ず携え
て競馬場に行ってるのに・・・。それに気付けない大タワケっ、
万死に値する)


桜花賞の15番ゼッケン・小牧の鞭打ち連打許可の理由がこれ
でありました、とさ。ま、しばらくこういう芸能ネタはオペレーター
さんたちも手控えるとは思うけれど・・・。


土曜日のメインレースの段階で、翌日の桜花賞の7番の出走取
消をふまえ、手元の中山、阪神、福島3場の枠順構成を総合判
断し、明日(桜花賞)は小牧が臭ぇな・・・、一応少し買っておこーと
事前に見破れるようなレベルに到達したいもんじゃのぉー・・・。
(ま、そんな枠順作りのおっさんたちの仕掛けた小細工の背後に
ある真の意味を、


「私にも見える・・・」(byシャア・アズナブル)


となるレースに時にぶち当たるから、やはりJRA競馬は愉しい)


桜花賞はもちろん、中山でも福島でも苦戦し続けての大敗だっ
た日曜日(早い話、土日とも)。下手に勝っていたら、こんな仕
掛けも見逃していたわけである。負けに意味を持たせるとは、
こういうことだ(と、負け惜しみをするのである)。嗚呼、哀しい。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-17 00:00
そういえば、昨日のもろもろのテレビは、吉澤さんの誕生日で
あることを、さりげなーくアピールするようなゲストがちらほら
出ていたように思えたのは、吉澤ひとみファンである勝手な連
想かな(まあ、そういうことだ)。


「もしツア」は、唐突に「吉」野の桜に高橋「ひとみ」だったり、
「チューボー」にはお友達の「おばかさん」が出ていたり?・・・。


正直、高橋ひとみはかなり前からずっとファンなので、あの人
選は良かった、実に。




ここ2週間、日曜日の最格上レースはほぼ妄想通りに仕組ん
でくれたJRAさんであったが、人気サイドでも仕方ない桜花賞
は5番か10番でしょ・・・と思っていると、15番にヤラカシ許可
を出した数字遊び好きな「オペレーター」さんであった。がっでむ。


福島のメインレースでは、1着馬、2着馬それぞれから、4着
の中館へのワイド2点を買っていて、馬券になった2頭を結ん
で買ってない悪夢(つーか、どっちか1頭来ればよいサインを、
両方来させる究極のヤガラセなのであるが)。


内側の3着芹沢を全然抜こうとしない中館の不正騎乗。(そう
いう命令を受けてたにしてもなぁ・・・。ま、この日の敗退は、新
たなサインルートの暗躍を肝に銘じるためにも、絶対必要だった
のだな・・と、負け惜しみをしておきたい)


あぁーぁ、たとえ桜花賞が駄目でも、ここは拾えると見なして
計算していたのに、両方しくじった。


この中館への4着命令の罪滅ぼしとして、来週グリグリ人気
馬に乗った中館が馬券に絡みまくりになるのも嫌なんだけど。


心の慰めに、「ドライブ A GOGO」の中で肉を喰らい続けてい
る松嶋初音嬢が、肉の脂でほのかにてかって肌がセクシーに
なっていったプロセスを堪能。野暮に脂取り紙を使いまくらな
かったのが何よりステキ。意に介さない心映えがエロティック。


しかし、肉を大量に食うらしいジモンは、大腸ポリープだらけ
じゃね? 幸い、さほど肉好きでもないこっちは、肉を喰らって
るキレイドコロの表情に、集中してうっとりできるのだった。


この松嶋初音さんと金田美香さんは、この番組に月一の登場
でよろしーな。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-13 21:19
ズムサタに出ているモッチーさんは、漠然と30前後なのじゃない
の?・・・と見なしてきたのだが、外国人へのインタビューの際に、
自ら36歳だとコメントしていた。


そうなると話は別。想定外にナイスで上手な年の取り方をしてい
るということであるからして、好感度5割り増し、大いにアップだ。


土曜日の朝は、8時まで日本テレビ固定である。浮気はしませ
ん。


そんな吉澤ひとみさんのバースデーの朝。夢には蒼井優嬢が
登場し、どこかの大学のような大教室で、講義中にヒソヒソ話
をし続けるシチュエーションが展開された。


NTT、キリン、キャノン、それにJRA。こうもCMを見る機会が多
いと、イメージに刻みつけられるわけであろう。せっかく競馬の
CMに出てくれている人なんだから、4枠は人気でもアンカツが
そのまま来ちゃうと教えてくれればよかったのにさっ。アンカツ
と同枠の人気薄・蛯名から6枠2頭に流していて、人気ながら
ヤラズをかました武豊の代理で、人気のない方の和田が馬券
になったニュージーランド・トロフィーだったっつーのによぉ、ったく。


やや?、蒼井さんの姓でもって、4枠は鉄板。
両方買えって予知夢暗示が出てたってか??? 今気付いた、
大阿呆である。


(4月11日分)


ロンブーの番組は殆ど見ないものの、火曜日の「俺たちのNo1」の
後半はつい面白くて見てしまった。20数人の思考の反映としての
ランキングを作っていくプロセスが、最後までなかなか飽きさせなか
ったから。


年代的に、まあおおよそ出演者と重なる部分もあり、彼らの言い分
も結構わかるがゆえに。


今回は食べ物だったが、第一回目の好きな女性タレント篇も、さぞ
や面白かったことだろうな。永作博美が1位だったそうだが、これは
何らかの露骨な意図の反映そのものじゃあんめいか? いっくらな
んでも。



カレーライス
焼きそば
ラーメン


のベスト3。


プロデューサーに、富士宮からの営業が入ってないか?と思いたく
なるランキング結果だけれど、外国がルーツでも米が不可欠なカレ
ーライスが1位というのは、教育&食育的な見地?からも、行政も
納得の結果かも・・・。


テレ朝なら、中華料理を1位にしたくて1位にしたくてたまらない人
も多いと思われるけれど、さすがに今はタイミングが最悪。口が裂
けてもラーメンや餃子を1位にするための介入は行えなかったと思
われる。


で、外国は外国でも、起源がインドならいいか・・・とカレーになった
のだな?たぶん。


ラーメン1位、焼き肉1位にしたいお笑い連中が、さぞや多くいそう
なのに、最後にスムースにカレーが1位に上り詰めたのは、やや意
外だった。ベスト3に残ったあとでは、焼きそばはともかく、カレーと
ラーメンはもっと競っても良さそうなもんだったが、平均年齢がそれ
なりに上になる点も響いたかも?


好きで好きで、いざとなったらこれ以上胃に入らないギブアップ状
態まで食べ続けられそうなものを列挙すると、


カレーライス
メンチカツ
パスタ
天ぷら(かきあげ、春菊、たらの芽)
蕎麦


という感じになるかしらん。現実には蕎麦以外、食ったあとのこと
を考えると、絶対に大量摂取出来ないが。


一方で、いま思いつくままミューズを5人列挙すると・・・


吉澤ひとみ
国分佐智子
本上まなみ
奥貫薫
柴田あゆみ


まだまだ戸田恵梨香、渡辺真理、国仲涼子、道重さゆみ・・・


とうてい5人じゃ収まらないやなぁ・・・。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-12 23:58
埼玉の入間に、巨大なアウトレットモールが出来るそうで、めざまし
TV内で中野美奈子アナが現地中継を行っていた。


しかし今日に限っては、福井の桜の名所から着物姿で中継を行っ
た、福井の地元局のアナウンサーの容姿+着物+桜の下で赤い
和傘をさしたシチュエーションの相乗効果が、総合クオリティで上
回ったような。



入間方面といえば、間もなくバースデーを迎える吉澤ひとみさんで
ある。アド街とタイアップが行われたら、また吉澤さんの登場を期
待したいところでもある。入間はやっちゃったかな? 三峰方面の
渋いところは去年あたり見たけれども。



そんな4月12日。土曜日の今年は、当然のことながら競馬がある。
ほんの数年前までだったら、なぜか3月半ばから4月半ばにかけて
のこの時期に、毎年のように短期免許でやってきていたデムーロを
吉澤サインを背負わせた存在とみなして、「これが、JRAの枠順作っ
てるモーニング娘好きのおっさんが仕組んだ吉澤サインであるよ、う
へへへ」とほくそ笑みながら、幾度も待ち構えて馬券を取ったものだ
った。


ミルコ・デムーロのミルコを「見る子」とすれば、「見る」ものは瞳。こ
んな安易な連想によって、ひとみちゃんであるところのよっすぃーサ
インにありつけたわけである。なんといい時代だったことか・・・。


それが、まだ短期免許の期間中にデムーロが緊急帰国した年を最
後に、もうこの時期にやってこなくなっちゃって・・・。ああ哀しい。


それから、ドラマの番宣で山猿系の不細工とツーショットを強いられ
た長澤まさみちゃんの顔が、妙に引きつり続けていたのも印象的な
朝ではあった。



(4月9日分)

NHKの夕方の番組に、「鎌倉」とともに「渡辺真理」の文字を見つ
けた。渡辺さんが鎌倉探訪をするとしたら、こんな美しい組み合わ
せはない。粋な配合を仕組むものよ、なかなか心憎いじゃん・・・。
そう勝手に思いこんで録画しておいたら、目論見通りの企画でに
んまり。


とはいえ、旅番組好きを囲い込むために、放送時間の最後まで登
場を引っ張り続けたやり口は、TBSかテレ朝みたいな悪辣さ。そん
なゲスなスタンスどこ吹く風で、早送りで対応してやって二重のに
んまりであった。まんまと時間のロスを防げて。


着物を着て和菓子を食す姿を、接写でとらえるカメラワーク。いか
なるアップも余裕でこなせる美貌を堪能させてもらえた。美しいこ
とこの上なし。次回の登場では、秋の京都をお願いしたい。その
前に、6月に鎌倉リターンズ企画でもいいな。


そんなNHKではあったが、夜の「SONGS」では、のりぴーのちょっ
と許し難い状況を呈している二の腕をさらさせ、制作サイドの美的
センスが皆無だということを証明してしまうところなどは、ふんぞり
かえった役人気質の発露だと言えるのかもしれない。


いくら二の腕フェチを自認しているものでも、あれはちょっと・・・とい
うありさまだったわけで。のりぴーだからこそあり得ないとも言える
のだろうが。


たとえば柳沢加奈子がアレを出していても、さもありなんではある。
ところがのりぴーがあんなものを腕に付けているとなると、それは
映像のクオリティを保つという大義名分のためにも、むしろモザイク
処理した方が良かった気さえする。


クワバタオハラの眼鏡かけてる方の腹周りの贅肉に通底する部分
もあって・・・。


というか、そんなに嫌いじゃなかったのりぴーにこんな印象を持っ
てしまったのは、いくらなんでもその歌は中山美穂のもんでしょ?
と突っ込みたくなる歌をカバーしちゃって、それをしゃーしゃーとNH
Kで歌っちゃう点が引っかかったからなのかもしれない。
[PR]
by yohhoh | 2008-04-10 11:15