ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「Time goes by」をエサに、あとは新曲の宣伝なのだろ?とみなし
て、Every Little Thingの出た「SONGS」を、単にビデオ録画だけで
済ませたのは大きな失敗だった。携帯にも、録画しておけばと・・・。


「出会った頃のように」
「恋文」
「恋をしている」


と揃えて、あとは想定内の2曲。


こんなにお気に入りの品揃えで迫ってくれるとは夢にも思わなかっ
たから、ビデオを再生して思いっきり後悔した。再放送は、絶対携
帯に録画する事を内心誓った。忘れないうち、せいぜい2、3週間
以内の深夜に、も一度やって欲しいところだ。


持田さんは、東京の下町出身だとは知っていたが、亀戸天神に慣
れ親しんで育った由。デビュー後10年経っても、こうして活躍できる
理由は、池の亀にパンをやった御利益もあったりして?


特段胡散臭い宗教団体かぶれとかではなく、たまたま近所にあっ
たりする神社仏閣に、邪心なく親しんで育った人のエピソードを聞
くと、素直に良かったねと感じる(その人が、勿論影で努力してい
るにしても、御利益パワーによって、きっとプラスアルファな御加護
サポートというか、背中を押してもらってるに違いないと妄想して)。


たとえば安田美沙子の伏見稲荷しかり、小さい頃からロッテファン
だったのが、そのままドラフト1位でロッテに入れることになった成
田高校の兄ちゃんと、成田山の関係性しかり。


事件事故の被害者容疑者の自宅がテレビカメラに映ったとき、とあ
る宗教団体系のポスターがでーんとよく映り込むのとは、まさに対
極・・・。教義というか、信仰形態の根本自体が歪み間違ってること
の見事な証明じゃんと思うが、まあ個人個人の好みであるから、所
詮は他人事、他人事。


受験の日の朝、亀戸で下車して、亀戸天神にお参りしてから出かけ
た友人がいたので、当時上杉謙信関連の本を読みまくっていた影
響から、こっちは飯田橋で降りて、神楽坂の坂をえっちらおっちら上
がっていき、毘沙門さまの前でなんちゃらかんちゃら呪文を唱えて
気合いを入れてよく受けたっけ・・・。


去年の大河ドラマのガクト効果で、私と同じような事をやった受験生
も、今年は例年よりも多いかも? そんな同志?、ひとりでも多く希
望校に受かっているといいな。坂を下りるとき、こけたり滑ったりした
奴いなかったかな?・・・とも。


そんなことを思い浮かべながら、持田さんの歌を聴いていたのであっ
た。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-28 11:03
前夜、居間のテレビからユーミンの曲のメロディが聞こえてきた。
こんな時間に、ユーミンライブの放送か? じゃあ見るかな、と移
動してみたら、フジテレビのアナウンサーが、カラオケ大会をやっ
ていた。


結局、中野美奈子アナが歌う「Hello, my friend」だったわけである。


恥ずかしそうに歌っているのがもろにツボ。フルコーラス歌って欲
しかった。「あずさ2号」を歌った、男性のベテランアナもしかり。



今宵は、テレビ東京7時からの健康番組である。最近、存在感が
希薄になりかけているようで(番組内にて)、もうちょっと様々な意
味での露出が必要じゃないか?と感じてきた磯山さんだったが、
目の機能を、カメラマンのカメラ操作にたとえて説明する際に、彼
女のアップが多用されたのには満足である。


そういえば、結婚してからの藤田朋子さんに、穏やかな情感が加
わってきていて、一瞬「誰、この人?」とぐっと引き寄せられる。あぁ、
藤田さんね・・・とわかればわかったで、「良い味出てきたな、ダン
ナとの化学反応が良い方に出たな・・・」と感じたケースが、ここ半
年くらいで3度はある。


結婚して(或いは付き合いが発覚して)、表情に荒みが入ってきて、
いつのまにか破局・・・。こういう流れは、他人ではあってもあまり
見たくはないもの・・・。少しでも興味ひかれた存在なら尚のこと。


それだけに、何度も何度も繰り返すが、青学の英文科出身のワイ
ンフェチ姉ちゃんがなぁ・・・。肝臓における「化学反応」が、容姿
に何らかの影響を及ぼしてしまってる。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-26 01:06
今月の携帯電話の無料通話分を超過しそうだ。しょうがない、パ
ソコンから馬券を買うか・・・と、紛失を怖れてしまっていたパスワ
ードの書類を探し出したまでは良かった。


が、それを見計らっていたかのように、パソコンが故障。いやらし
いナイスなタイミングである。


ペリエの4着でハズレだったフェブラリーSの予想なんて、わざわ
ざブログに書き込むな愚か者!という、天の配剤やもしれぬ。


ここ2週間くらい、一撃で起動しないケースもあったから、部品が
いかれてきているとは感じていたが、マザーボードのみならず、ハ
ードディスクまでみまかられてしまうとは・・・。電磁波異常か?


失っては困るファイルはないとしても、手持ちのCDから吸い出し
た300曲以上が消えたのは、入れ直しを考えるとブルーなのに
加え、退役していた部品の再活用では、とろいのがなんともはや。


マザーボードなどは8年くらい前の部品だし、まぁ贅沢は言うまい。
相性的にフィットするビデオカードの方は、旧世紀のものゆえ。


といっても、いままで使ってきた存命部品の再活用のためには、
秋葉原の中古部品屋行脚をせねば。部品以前に、店自体が無く
なっていないかが不安。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-25 10:28
前の晩は、スポルトにカーリングの本橋マリリンが出演。今宵はテ
レビ東京で放送される卓球の世界大会の番宣に、女子の日本代
表クラスが集結して、芸能人との馴れ合い卓球大会が、テレビチャ
ンピオンをさしおいて放映された。


このふたつの番組に共通していたのは、ただでさえ年齢的に肌の
調子が良好なだけでなく、室内競技ということもあって紫外線の影
響を極力排除していて、お肌が白く透き通るほどキレイな面々ばか
りで、ルックスもさることながら、もうその白美肌のぷるるんぶりに
よる映像美に深く陶酔した。


それに感情を押し殺す事を強いられたり、相手への軽い威嚇?の
ための掛け声&ポーズなどとは無縁でいられる、ミスしたら素直に
照れてしまえばOKな人間味溢れた状況下。卓球の代表クラスの
面々のプリティ度が、みな通常比8割り増しくらいに見えて、かな
りうっとり出来てよろしかった。


感情表現豊かなだけでは、鉄面皮で迫ってくる外国勢(とくに毒
餃子生産国など)に、太刀打ちできないとは思うが、日本人特有
のミステリアス・スマイルでニヤニヤしつつ戦うのも、奇襲的には
アリなのではなかろうか。どうせ実力的には厳しいのなら、せめ
てルックス的に見栄えよくキレイな方が遙かによいからなぁ・・・。


本橋さんにしろ福原愛ちゃんにしろ、色白の東北系フェイスは、冬
場の映像美にとても相応しいクオリティを呈するのが、ただただ素
晴らしいのである。


(2月20日分)

いつもは、「やめてくれよ」と感じるくらいしつこい取り上げ方をする
報道ステーションの日本代表絡みのサッカーコーナーが、代表の
試合があったにもかかわらず(しかも勝っている)、えらくよそよそ
しい扱いなのに笑った。


さすが、いつも古館の横に座っている、毒餃子生産国のスパイ男
の尽力が、編集方針に行き届いている。


朝日系の基本スタンスを考えれば、特段目くじら立てることもない
から、脳内であらためて、ミスリードしようとするクソマスゴミの典型
だのぉ、かつてのエーススパイ筑紫哲也が天罰くらって前線に出ら
れなくなったから、代わりに自分が頑張ろうと必死だな・・・と、醒め
た目で眺めれば済む。


生放送中に制御できないまま、サッカー解説者にアンチ毒餃子国
家発言をされると、スパイの沽券にかかわるからと、沢登には、コ
メントを検閲したうえでのビデオ出演命令を出したものと見受けられ
た。さすが、魂を売った民度の低い国のやり口を踏襲していて、実
に微笑ましい。


気のせいか、沢登の瞳が潤んでいるようにみえたのは、コメントの
口裏合わせを命じられたことによって、彼が憤慨して感情的になっ
た名残?・・とみなすのは、ちと考え過ぎかな。ま、照明の影響だと
しておこうっと。むかし、同僚の姉ちゃんが、「のぼりさぁーん」と、事
あるごとに彼に感情移入していたのも思い出したな。



もともとテレ朝なんて、市川寛子さん以外、救いようのない人材の
巣窟だと思えばいい話。


その市川さんも、他に出ている女子アナふたりとの、実年齢以上
の「見てくれの年齢差」を埋めるように!と、「お局の悪巧み」が効
いているのか、過剰なお姉さんメイクを施されるのが、最近より露
骨になってきているのが可哀想で可哀想で。もっと市川さんは、可
憐でいなくてはならんのじゃ。映像的に。


市川さん、もうテレ朝辞めちゃえよ、と。フリーになってNHKにでも
面接受けに行ったら、視聴率が欲しいから、ほいほい雇ってくれる
と思うのだが・・・。こっちも、テレ朝の編集方針をふまえて、ミスリ
ードしようとする意図を排除しながら、情報のそれなりの真実性を
妄想しつつ脳内変換を行い「報ステ」を見なくても済むようになるか
ら、一挙両得である。そうなのだ、市川さんが出ていなければ、夜
10時代にテレ朝にチャンネルを合わせる必然性など皆無だから。


試合のすべてを見ていたわけではないから一概には言い切れな
いけれど、自分の所属チームの著しくレベルの低い選手を代表へ
強引に入れるため、過去に嫌みな働きかけを散々行ったチームの
選手が、今回の大会で失点の原因を作ったり削られたりしている
のが、軽く天罰めいている。創業者の名前を社名から削除しちゃっ
たり、今や落ちぶれまっしぐら?な、とある電気屋。それぞれベスト
8、ベスト16まではやらせてあげてもイイよ・・・と、組み合わせ的に
も配慮がなされていたワールドカップを、みすみすその前で負ける
きっかけを作った選手を送り込むために、裏金をばんばんまきまく
った報いは、当然購うことになるのが必定なのであった。どっかの
電気屋の三洋化を、後世の歴史家は、W出場選手中、どうみても
最も下手くそで害悪でしかなかった選手が、なぜかキャプテンマー
クを巻いていた悪夢の呪いと言うのだ(なんちって)。


こんな東アジアのクソ大会に、体調不良として無理しなかったエー
スフォワード高原は、実にクレバーだと思われる。でもジュセリーノ
は、南アフリカW杯の日本代表のことを、あまり評価していなかっ
たような。まともな監督オシムが使えなくなった今回の運命を、と
うにお見通しであるなら、むしろ「次の次は期待出来る」と言ってく
れているのを素直に長い目で待つ方が、精神衛生上もよほど良い
と思われる。


そもそも、次の南アフリカ大会。フェリペ・スコラーリが監督になった
ブラジルが優勝するかで、次の次のW杯における日本代表への気
持ちの乗り具合も変わってくる。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-21 10:32
牛だ、牛がなっちの横でギター抱えて歌ってる「歌ドキッ」だ。
それにとどまらず、安倍さんは単なるコーラス要員とは・・・。
(いつかの、さんきゅー堀内&吉澤さんと同じ構図である)


とはいえ、リアルタイムでは知らないのに、この「いちご白書・・・」は
なぜか二番までカラオケの歌詞見ないで、(まだ)歌えるような気が
する(たぶん)。


脳細胞が新鮮だった時期に聴き込むと、ビシッと刷り込まれている
んだな、またこれが。(しみったれた詩の内容は、必ずしも好きじゃ
ないものの)


そういうわけで、映像的には横になっちがいるにもかかわらず、画
面から放射される美のクオリティの見地からすると「ちょっと?」とい
う部分もあったが、目を閉じるとメロディがキレイで情緒もたっぷりあ
って、十二分の感動に値した。深夜、陶酔してちょっと体温上がった
もの。


なっちのソロで、またプリーズだなぁ。ばんばん、気持ちよさげに歌っ
ていすぎ。まぁ、その気持ちはよーくわかる。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-19 10:08
サウジアラビアでの騎乗直後、さぞやオイルマネーによる接待で
美味しい思いをしてきたであろうペリエが、「最近あんまりやらせて
もらえないから、もう日本に来ないよ」言い出す機先を制するように、
さっそくきさらぎ賞で1着席を進呈するJRAさん。まことに心憎い演
出である。こっちとしては、変な計算の手間が省けて、ペリエ以下、
外人全員要らないんだけど。


妄想サイン分析では、まず来ない(はず)の枠に入れておいて、し
ゃーしゃーと「許可」を出すんだもの、常に人気薄狙いのこっちも買
えていなかった。



最近出走表の騎手欄に、須貝の名前を見かけないな、怪我して
るのか?と思っていたら、調教師に合格していた・・・ってことは、い
つの間にか引退していた?ってことだろうか。


マイナーながら、れっきとした縁故騎手だったし、執念深く怪しいパ
ターンを研究して待ち続け、狙い定めてとらしてもらった、数年前の
富士ステークス(2着タニノマティーニ)の騎乗は、いまだに印象深
い。


こういう分析しがいのある人気薄を持ってきやすい存在がいなくなり、
またぞろ今年も地方騎手が中央に移籍してくるのは、かえすがえす
も不愉快な限りである。


しかもその内田博に、年間100勝くらいはこれから進呈することに
なるからだろう。純粋な中央競馬純正の新人騎手を、たった3人し
かデビューさせないのにも驚いた。


2年くらい前に、「学校へ行こう」内でV6がレポートした時には、もっ
と他に何人もいたはずなのに、だ。辞めさせるために、あくどい言い
がかりを付けたり、事件の濡れ衣を着せたり、或いは体重制限でき
なくさせるように、辞めさせたい生徒の食事に一服盛ったり、インチ
キ臭いことを次から次へと繰り出したのでは?と妄想。


そのターゲットにならなかったのが、晴れてデビュー出来ることにな
った3人であり、彼ら新人の姓から判断しても、縁故騎手バレバレ
であることを加味すれば、まさに内田博を中央競馬に移籍させるた
めのとばっちりを露骨に受けた、縁故力に乏しい生徒さんがいたの
だな、可哀想に・・・とイヤでも思うことになり、あらためてアンチ地方
騎手の思いが強固になるのだった。


夢見て競馬学校に入っただろうに、地方騎手流入という薄汚い構図
のために、早々に調教助手転向を余儀なくさせられる以前に、そも
そも騎手にさえならしてもらえなかった無念が漂ってくるよう。


それでも、17、8歳でありながら、競馬業界でもう30年以上飯食っ
てまっせ・・・的な、なんとも言えない玄人っぽさを既に感じさせる新
人の面構えに、少し人気薄ヤラカシ要員としての役割を期待してお
きまひょ。須貝の後がまを担えるような、せいぜいマイナーな縁故
騎手にはなれよ、と。


例年だと8人くらいはデビューさせて、ひとり5勝くらいずつ仕組んで
勝たせてあげると仮定すると(実際、個人差はあるが)、5人分削っ
たことで、もう25勝を浮かすことが出来ている。


あとは去年バブリーだった田中カッチーから30勝削り、横典からは
10勝マイナス。ヨシトミは既に去年の段階で激減させられているか
ら、もうお咎め無しと考えて、同じ姓の有力農水族議員を失った松岡
も、15勝は削られてと・・・。もうこれで80勝を捻出できた。


あとは、関西枠かな? 嬉しいことにヤラズ命令受けまくりの武豊か
ら10勝削り、岩田からも10勝減。両者とも、関東に遠征してきたと
きの勝ち星分が減らされると予想。もう既に、5勝ずつくらいは削っ
てしまっているようなないような。


ここまででトータル100勝。ま、これが内田博にくれてやる勝ち星の
内訳となるのではないだろうか? あと、藤田が関東主場で勝たせ
てもらえる分も削減することで、100勝以上のプラスアルファを作り
だせるはず。腹いせに、藤田&松岡のプチ・師弟コンビの連係プレ
ーで、内田博をターフなりダートに沈めるシーンなど、大いに見たい
ものだが・・・。関東のすべての騎手はきっと応援してくれるさっ。内
田以外の全員の総意でやれば、JRAのオペレーターの指示もあっ
たもんではあるまいからのう。


また、これまで中央での騎乗経験のない地方騎手を、1匹混ぜ込ん
できたのも訝しい。旧姓が鷹野、中央競馬での登録名が片山という
ことだが、こういう不自然な騎手を入れてくることにも、何やら深い意
味があるとするならば、妄想研究のしがいもあるというものである。


きっとこの騎手は、ローカル部隊に配属されるだろうから、おのずと
パターン分析の視野に入ってくるはず。3月の中京開催の枠順は、
例年以上に妄想する楽しみが増えそうだ・・・って、アンミツ対策でも
分析する時間を取られているのに、またさらに余計な負担が増える
だけじゃん。ちぇっ。




(2月17日分)


「ミスチョイス」

ズムサタの奥飛騨温泉特集を見逃すまいと、ずっと日本テレビ
にかかりっきりだったため、吉澤さんが出たというフジには一度
もチャンネル合わさない失態を演じた。


中京テレビの本田アナは、各地のアナウンサー&レポーターの
「接待役」ということもあって、入浴シーンが最後のちょっと。両者
を秤にかけると、すべての精力をズムサタに振り向けたのは、ミ
スチョイスだったな・・・。結果論なれど。


とはいえ、深夜のCDTVの「恋人にしたいアーティスト」なるラン
キングで、吉澤さんはベスト10入り。その際、束の間美貌を堪
能できたのだから良しとするか・・・という感じである。



男子のワンツーが赤西&亀梨という妥当なところだったのと比
べ、女子の1位がYUI、2位がELTの持田香織という順位は、果
たしてトータルでみてどうなのよ?という気がしないでもないが
(10代、20代の男性投票が著しく少なかったか、怪しい組織票
か何か?)、両者とも好きなタイプなので個人的には納得してお
くことにした。


ELTの新曲も、やはり「どうなのよ?・・・」という感じがするものの、
恋人にしたいランキング第2位の際に、発売3ヶ月半以上経って
も、相変わらず全然飽きの来ない前作の映像が流されて、しばし
うっとり出来たのでスルーである。


この時期に、猫も杓子も「桜」関連ソングを出すという脳の無さは、
いかにもゲスな広告代理店的発想めいて「なんだかなぁ」という
印象付けがなされがち。それゆえよほど完成度の高い曲でない
と、一度聴けば充分・・・となってしまいかねないのだった。


バレンタインデー当日の「うたばん」でも、持田さんの鎖骨から胸
の上にかけてのキレイな領域が見られたし、この時期に新曲を出
してくれた事自体のみには感謝しつつ・・・。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-18 10:28
土曜日の「旅サラダ」で、インドを旅行していた加藤紀子が、無
意識レベルまでインパクトを残していたらしい。


今朝の夢に、最近は「アタック25」以外すっかり無くなってしまっ
た?、素人参加形式のクイズ番組の司会役で、加藤紀子が登
場(現実味のないキャスティング・・・)してくれた。


白いブラウスに、紺系のスカートと、どことなく女教師役っぽいい
でたちだったのは、グラビアン魂における谷桃子の衣装が混線
してきているのが可笑しかったりもして(こちらも、グラビアのクオ
リティとして見事にヒットだったから、無意識レベルまで印象到達
していたな、たぶん)。


それ以上のサービスたっぷりな展開はないし、要はただそれだ
けだったのだが、私の脳内における三重県出身三大美人タレン
ト(磯野貴理、加藤紀子、岡あゆみ)の一角が夢にせっかく出演
してくれて、朝から気分が悪いはずはなかった。


しかし、先週に続き、月曜日の代替競馬で敗北。それも完膚無
きまでにやられては、家事もしないし、ゴミも捨てない(と、以前
細木さんの番組で告白していたっけ)女性としての気立ての面
でいかがなものか?キャラの持ち主のパワーにより、道重さんの
崇高なグラビア力が打ち砕かれたかたち。ハロプロ内部の先輩
に遠慮したのか?道重さん・・・。


拙さ極まりないレベルにせよ、えせ番組表解析(もどき)をしてい
ると、通常の土日からはずれる日にJRA競馬が施行されると、そ
れを修正・補正するテクに乏しいんだよな・・・くそぉ・・・と、諦める
しかないのが悔しい。どんなに大雪で、騎手が何人落馬しようとも、
たのむから中止にしないでちょうだいっ。


それよりも、昨日の日刊ゲンダイに掲載されていた周防灘特別の
コメント欄において、出走馬に関して


「夏バテが尾を引いて時間がかかったけど、入厩後は順調。ただ
まだ太いし、来週、再来週の方がもっとよくなる印象も。
ファンには抽選で入って、ごめんなさいですね。」


と語っていた(とされる)某調教師。


最初の2行なら、それによって馬券の取捨は左右されやしない
が、最後の最後、「ごめんなさいですね」を読んでしまい、それが
頭から離れなくなって、6枠の怪しさを承知していながらスルー。


で、いざレースでは、ゴール前の鞭打ち連打でのインチキヤラカシ
発動に、他の馬でプラス確定していた気分も吹っ飛ばされたので
あった(アホみたいに人気を背負っていた中舘が、バカ正直に来
てしまったのもグサッと心に痛かったのに)。何と愚かな(=自分)


管理されてる競馬サークル内の人物に、人間としての矜持を求
めるのもナンセンスだと思うが、「いつでも進軍ラッパ」の松田博
調教師のような人物ならいざ知らず、若手のそこそこ見識持って
そうな調教師がああいうコメントを出していながら、いざレースで
は、地方騎手の息子に鞭打ち連打指示を出すJRAさんのオペレ
ーターも、まさに煮ても焼いても食えぬ奴・・・というわけだ。
あそこまでのコメントを逆手に取りおって。当然、すべての新聞情
報などは把握しているだろうし。


それが日本競馬ってことではある。だがありゃまっこと酷かった。
前日のアレが心理的に尾を引いていていたのも痛かったな・・・と
いうことにして、今日の悲劇の傷を舐め舐め。おしまい。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-11 22:27
週プレの谷桃子グラビアは、さーっとめくって終了だったにもか
かわらず、SPA!・グラビアン魂における谷桃子には、二度三度
のリピートチェックをせずにいられないインパクトがあった。


切り口ひとつで、同一人物でこうも違うか・・・ということだ。まあ
グラビアンの演出の妙でもあろう、たぶん。


だが、土曜発売の日刊ゲンダイに掲載されていた、市川寛子
アナを紹介するコーナーにあった、なかなか大きめの横顔写
真にはストレートに悶絶。この日の新聞は永久保存版となる。


愛知出身で青学出身というと、データ的にそもそも私の好きな
経歴だったりするが、彼女は京都で暮らした時期もあったそう
な。


うぅーむ、市川さんの品の良さに、京都という地名は実にフィット
するする。彼女を眺めながら脳内で加味される情緒が、これで
一段とアップである。


営業上の特に気持のこもっていない女性スタッフの応対であ
っても、京都でのそれと東京においてのそれでは、ありがたさ
の点で大違いであるし、「京都」のネームバリューは、関東人
にとってかくも絶大なのであった。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-11 00:39
吉澤さんのブログが始まって1週間余り。


文体感を削ぎ落とされた文章になってしまっているのはやや差
し引いたとしても、取材している読売のスタッフに向かって、実
際によっすぃーは言葉を発しているはず、そうに違いない、いや、
あのさっぱりした声音で録音してるテープに向けて声帯を震わ
せてるに決まってる・・・と思い、唇を動かしているその場面もイ
メージしてみて、確実にちょっとイイ気分なのであった。


ソファに掛けて、写真を撮られた(たぶん)シチュエーションまで
想像しちゃえ。目といい頬といい、顔つきがちょっと緊張入って
るところにも、「いかにも作られました」感がなく、えらく新鮮だっ
たりして・・・。いつも周囲にいるプレス関係者と今回のスタッフ
とでは、雰囲気が微妙に違った感じがしたのか、最初かすかに
身構えた一瞬を引きずった名残を捉えているカットやも・・・。


週に一度くらい、「CDでーた」時代のように伸び伸びした空間
にしてもらえたら最高だけれど、ナベツネ新聞にあれ以上を期
待するのも酷か。編集スタッフには、去年出た「はろよし」単行
本を5回くらい通読して、たっぷりよっすぃー・モードに浸った上
で作業をお願いしたいもんだ。


だが、スケジュールの都合とかなんとかで、一度の取材で一
月分やっつけちゃいました・・・ということだったりするのかしら
ん・・・やっぱり。それだと味気ないなぁ・・・(贅沢言ってる)。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-08 22:40
冷凍食品半額セールのときには、たまーに味の素の冷凍餃子
をチョイスすることはあるが、たいていは5個パックの冷凍うどん
くらいしか買わないから、とりあえず今回の農薬添加の餃子が
口に入る心配はなかった。


その冷凍うどんも、原産地を堂々と書けないところから推察し
て、原料の小麦は中国産だったりしてね・・・。まあそれでも、
冷凍しているぶん、生麺タイプのうどんよりも添加物の入り具
合は少ないかな?と、妥協しているのだった。


有機栽培のラベルが貼られていても、原産地が中国と書かれ
ていると「うわっ、やべー」と棚に戻すように徹底しているし(仮
に本当にきちんと栽培していたとしても、農業用水として使っ
ている水が怪しい可能性が大いにあるゆえ)、この傾向はま
すます拍車がかかるな、個人的に。


しかし、大豆と小麦粉、そば粉、ゴマなどは、中国を含めて外国
に依存しまくりというのがいただけない。値段が30から50%上
がったとしても、国産のそれも出来れば有機栽培マークが堂々
とパッケージに印刷できる品物を食いたいものだ。


某スーパーで売っているオーストラリア産の有機麺類は、なぜ
かいまいち美味しくないんだもんなぁ・・・。


自民党も、選挙対策に支持率浮揚のためのネタが欲しかったら、
道路特定財源のうち半分を、旧ソ連の国営農場(ソフホーズ?)
をぱくって、国営大豆農場、国営小麦農場、同蕎麦農場、ゴマ
農場の計画をたてて、道路表面のアスファルトを引っ剥がして
塗り直す事しか出来ないポンクラ土建業者を、これも公共事業
だ耕せ!こらっ、と送り込めばいいんじゃ。


そうすると、自民党の道路族議員や、和歌山出身の民主党議
員のような、いかにも姑息な税金泥棒フェイスというか、いわゆ
る「土建屋顔」の連中の顔つきも、国民全体のために良いこと
をしているために罪滅ぼしが出来て、多少垢抜けるかもしれな
い。性根が腐っている彼らに、それは絶対無理な話だろうけど。
[PR]
by yohhoh | 2008-02-06 00:24