ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京大賞典が、史上最高売り上げを記録したと朝刊に書い
てあるのを見つけ、ついでに(有馬記念でヤラズをかました)
武豊が勝ったとも書かれているのを目にし、やっぱりな・・・と
納得。買ってないとよく当たるのが競馬というものであったり
する。


エビちゃんの姿だけを興味の対象にしながらレコ大を眺めつ
つ、つんくが絡んでる某グループの曲が、80年代アイドルの
B面曲っぽくて若干の微笑ましさを感じつつ、脳内では今年
度の個人的CD大賞を選出。


大賞 明日晴れるかな(桑田佳祐)
2着 恋をしている(ELT)
3着 孤独のカケラ(アンジェラ・アキ)
4着 マリンスノウ(スキマスイッチ)
5着 笑顔(松浦亜弥)


我が念願叶って、せっかく陣営内にいる谷村有美の楽曲
提供を受けたのがあやや。曲自体は、自殺防止キャンペー
ンか何かに使ってもらえそうな趣なので、100%うっとりと
まではいかないが、彼女のハイトーンヴォイスが新鮮で、
何ヶ月か経っても時折聴き返している。これも谷村有美効
果であるな。間違いなく。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-31 00:14
フサイチパンドラの出走取消を知った昨日のクリスマスC前。
ならば10番の両隣だわな・・・と、死ぬほど11番につぎ込ん
だら裏をかかれて9番のキネーンがやらかし。この人、今頃
なんで来るの?って思うくらいだったが、しっかり仕事を果た
したんだから、本番では囮となって飛ぶかどうか?


スベスベ高級仕様のレープロの時の1番人気確率は高いた
め、予想通りの1枠に入ったメイショウサムソンと、4枠のアン
カツ(2着指定?)。念のためにペリエ。


そしてジャパンカップの時のお芝居騎乗が印象的だった佐藤
哲が、せっかくの本番では福永・・・。美味しいところをもって
いくか?ちょっと期待。


メイショウサムソン
ダイワスカーレット
ポップロック
インティライミ


のボックスを買う。


*****


有馬記念


1着 2枠03番 マツリダゴッホ(蛯名)(国枝)
2着 4枠07番 ダイワスカーレット(安藤勝)(松田国)
3着 2枠04番 ダイワメジャー(デムーロ)(上原)


一昔前ならともかく・・・。
今日の中山競馬場のゲストがロッテの成瀬だった事が、武豊
と福永のヤラズ騎乗につながったことは否めないか?


背番号を60番から17番へ変更したのが発表されたばかり。
ともに右から数えて17番目と60番目に当たる血縁騎手のふ
たりを、そのものズバリつなぐ馬券は、最初からスカだったの
だなぁ・・・終わってみれば。


スベスベレープロの時に1番人気ヤラズをかました点で、メイ
ショウサムソンは前科2犯となったわけである。昨年の菊花賞
に引き続き・・・。


横をチラ見する暇あったらもっと必死に追えよアンカツと、単勝
を持っていた人は思ったかもしれないが、アンカツ2着付けの
馬単で、1着席はユタカかペリエでしょ?との妄想をも打ち砕
く胴元さんは、やはりサスガと言うほかないのだった。考えて
みれば、昨日の阪神メインでペリエ-アンカツの順の馬単を
仕組んだばかりだもの、連発するわけがないやな、これまた
終わってみれば。


泣きの最終レースも、1番人気になってしまっていたことに舌
打ちしつつ、吉田豊の単複でラストを狙うも、蛯名のもう一丁
が炸裂。1番人気を買ってはずされたときの惨めさ、愚かさを
骨の髄まで味わって終わる。岩田が居座ってるから、阪神の
レースは買うものかと誓って、奴がヤラズ命令受けまくりなの
を、よだれを垂らして見送るしかなかったのも口惜しさにつな
がった。ったく、ついてない。


だが、不思議とブルーでないのは、レープロに書いてあった
浅田次郎のエッセイの洗脳効果かしらん。



気を取り直して、来年の競馬番組表をめくってみると、大好
きな春の福島開催が2日間削られ、その2日分が中京に振
り分けられている。どうせなら、苦手の新潟開催分を削って
くれたら良かったのにさっ・・・。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-23 15:15
料理の面で、市川寛子アナがドジキャラという方向に持っ
て行っているのを見るのも、「二人のキッチン」の醍醐味で
ある。


初代ウルトラマン・黒部進の蕎麦打ちがメインの今回は、
自分でも蕎麦製作をやってみたい気分にさせるに十分だ
った。手打ち感があれば、見た目の悪さは全然気になら
ない人間だから、それなりに満足できるだろう・・・と勝手
に想像している・・・うちが華かもしれないが。


娘さんの吉本多香美に、所帯持ち感が全然なさげなのは、
実に素晴らしいとも感じた。


昨夜は金スマの予告編で、某オカルティストの御尊顔を不
意打ち凝視させられたため、どうなることやらとかなり警戒
して馬券を買っていたものの、一度浮いた時点でストップし
ないまま最終レースになだれ込んでマイナス転落。


阪神の12Rがもっと大荒れになると考えていたのが、まだ
まだ生温い程度に収まってしまったのが痛かった。


もう「オーラの泉」を見てしまっているから、明日の競馬は突
っ込み厳禁。少額投資を肝に銘じたい。


******

(12月21日分)

徳永英明のカヴァー曲ダイジェストの趣である「金スマ」を
眺めていたら、オリジナル「異邦人」を歌う久保田早紀の
映像に感動した。


右斜め下からのアングル。美女の横顔かくあるべし!な
クオリティであった。


原曲に続いて徳永が歌い継ぐ形式で何曲も流れたものの、
やっぱりオリジナルの楽曲の大半を既にお気に入りとして
所持しているせいか(無いのは中島美嘉の曲くらいだった)、
今回の番組内で最も印象に残ったのは、徳永オリジナル
の楽曲というのはちょっとアイロニーであるやもしれぬ。


そもそも「最後の言い訳」名曲だし。


メガネっ娘姿だと、アンジェラ・アキにちょい似る高木美保
が、涙ぐむのもむべなるかな。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-22 00:04
(12月16日分)

節制のため、プロになってから揚げ物を一切摂取しない
というインザーギ。FWとしての瞬発力にこだわっていれ
ばこそにしても、しなやかなプレーぶりの背後にあるそん
な頑なさがかっこよさを感じさせるエピソード。


大腸内視鏡の権威新谷先生の著書の影響により、牛乳
やヨーグルトを一切摂らなくなったにもかかわらず、パン
にマーガリンをべっとり塗って食ってるどこかのアホとは、
こだわりの次元が違うということである。どこか求道者フェ
イスなインザーギ。時にゲスなエロさを感じさせがちなイ
タリア人にも、こういうタイプもいるから、十把一絡げな見
なしは禁物だ。言うまでもなく。



たいした儲かっていないが、土日とも競馬がプラスで終わ
ったこの奇跡。


その要因は、


オーラの泉による、脳内汚染が無かったこと。
「二人のキッチン」にて、報道への憧れをさりげなく告白し
た市川寛子さんのプリティさ。
フライデーに掲載された道重さゆみさんのグラビア。
土日の阪神メインで、岩田がヤラズ命令くらってたこと(特
に土曜日のアクアルミナスSは、1番人気で飛んでくれた
ため、配当割り増し。ラッキー!)。


など諸々考えられるが、土日の両日とも、朝のコンビニで
「フライデー」を手にとって、道重さんの水着および斜め45
度フェイスにうっとりしたことを振り返ると、たぶんコレだな
と推測している。


道重さんの肌の色合いが、すこぶる情緒を加味させてい
て実に出色。うぅむっっ素晴らしきかな。(彼女のグラビア
のあとに出てくる、ロシア人美女の高クオリティさとの併
せ技の可能性も完全否定できないけれど)
[PR]
by yohhoh | 2007-12-18 23:52
巡回しているタレントさんのブログに「浦和残念でした」
と書いてあるのを、「浦和記念でした」と見間違い(度の
低いメガネでモニターを見ていたため)、今日は大井の
日じゃなかったか?、それにこの人競馬なんか(それも
地方競馬なんて)やるの?と二重に不審に思ったなん
てのも、競馬愛好家なればこそやな、たぶん。


まあその浦和レッズVSACミラン戦の試合前とハーフタ
イムに、色白の金髪美人さんをチェックできたのは非常
に良かった。


しかし隣の石田純一としゃべりがかぶりにかぶって全然
合ってないないのには笑った。呼吸というか、波長がか
み合ってなさすぎ。不倫は文化だ!とのたまうような輩
を、吉澤ひとみさんは内心毛嫌いしているからかしらん?
単に、そういう相性か。


トップ下のブラジル人が健在だったら、も少しガットゥーゾ
の本気の荒くれプレーが見られたのではないかと思いつ
つ、大御所と新鋭のプロレス試合のような、大御所が勝
つという大前提ありきのシナリオの範囲内においては、
それなりのワクワク感によって適度な高揚感ももたらさ
れ、結構愉しい2時間だった。


浦和レッズには、是非とも3着席を死ぬ気でゲットして欲
しいところである。この3位決定戦こそ、多少感情移入し
ながら見れそうだ。疲労でパフォーマンスが心配だが・・・。



その後、武豊の出ている「食わず嫌い」にチャンネルチェン
ジ。食わず嫌いメニューの


「明太子スパゲティ」
「うずらの卵」
「春巻き」
「イベリコ豚の生ハム」


には、有馬記念へのサインが埋め込まれているわけね?、
おそらく。・・・と思わせて、それで出せる買い目を裏の阪
神メインで炸裂させるヤガラセをやってくるんだよなぁ、ま
たこれが。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-14 10:51
録画しておいた「ドライブ A GOGO」をみる。今回は
当たりだ。


大好きな長野の山奥というロケーション的なこともある
が、なかなか機転の効く?金田美香が、晩秋の画面を
彩り豊かにしていた。


同行の山崎邦正を厭う事なく自然にふるまってる気だ
てが、まず素晴らしい印象を醸し立たせている。


服着てるよりも、温泉に入ってる時の方がキレイに見え
る・・・とコメントしたのは、一緒に見ていた嫁の方である。
ちょっと目が藤崎奈々子に似てる?とも・・・。


見目麗しいにこしたことはないけれど、やはり御飯を食
べたり温泉に入ったりしている時のコメントや表情、そ
れに「気の利き具合」によって、そのタレントさんの印象
も著しく上下する。


金田美香は、この番組によってオキニとなった女性タレ
ント第2号である。(1号は、オシリーナ・秋山莉奈)

******

サンスポの大穴競馬記者が、六甲アイランドSの高配
当3連単の予想を的中させたとか。その人物のリュック
の中味をフジテレビのアナウンサーが見せてもらって、
「万馬券を取ることはどういうことか」を実感したと、めざ
ましTVでコメントしたそのイケメンアナ。


射幸心を煽らせようと必死な、JRAから言ってくれるよ
うに頼まれてでもいるかのようなエピソードである。


まるっきり人気のない馬に乗った地方騎手が1着。2着
も同じように2けた人気の馬。3着が5番人気。


年も押し迫った最終週などで仕組むと怪しまれるから、
この第2週でその関西出身の地方騎手陣営及びタニ
マチへの挨拶を済ませた・・・ってところなのではなか
ろうか。


このレースがそういう形になっていなければ、3着馬軸
に2、3、4番人気へたっぷり買っていた購入馬券は、手
堅く当たっていたことになる。終わった直後は、単に地
方騎手憎しの怨念をいつものようにたぎらせただけでは
あったが・・・。


直前の境港特別では仕組まず、六甲アイランドSで高配
当馬券を炸裂させたことと、1着馬の騎手の出身などを
漠然と考えてみても、や・ら・れ・た・な・・・とせせら笑い
がこみ上げてくるのだった。


このレースに関しての枠順分析を徹底的にやってわか
ったことを、以後馬券予想の根幹に据えよ!って神の
計らいか? とはいえ、超大荒れを仕組んだこんなパタ
ーン、以後当分外れまくりそう・・・。


(事実、六甲アイランドSでのやらかし炸裂パターンを
意識せず、同じ人気薄の暗示馬を買っていたその後
のレースで、ついぞ全然来てないのを今知る・・・。そ
れを認識していれば、突っ込んではヤラズをくらい続
ける悪夢のスパイラルにはまらずに済んだのだった。
だもの来なかったわけだ、あのレースもそのレースも)


中途半端な配当狙い続けても、快楽にはほど遠い、最
近。(って、胴元の策略にもろはまってる)
[PR]
by yohhoh | 2007-12-11 20:12
舞台「オリビアを聴きながら」のブログを、もう公演が
終わった今頃初めてのぞいた。


記述にやっつけ仕事感はあるものの、楽屋で手軽に
写したような写真たちが、かえって日常感を漂わせて
いてむしろ効果的だったりする。


尾崎亜美の超名曲を冠したお芝居に吉澤ひとみさ
んが出て、しかも座長が冷え症対策には一家言持
ってる森口博子嬢であったということ。


その繋がりを縁にして、森口博子のベスト盤CDを
ラックから引っぱり出して、「Zガンダム」後半の主題
歌のみとめどなくリピート中。


CDジャケット表のショットが、若干エロい。幸薄感は
そこはかとなく感じさせても(そんなオーラが魅力で
もあるとは思う)、結局森口は結構好きなタイプなの
である。いまだに。


*****


教育テレビで早朝再放送された澁澤龍彦の「人物伝」
を録画し損ねた、くそー。夕べタイマーかけるのをころ
っと忘れていた。野球の台湾戦の勝利に、気が緩ん
でしまっていたのだな。


4回シリーズの最終回。テキストをぱーっと眺める限り、
最も見ておきたかった放送を見逃したわけである、勿
体ない。


この度NHKから出されていたテキストは、澁澤龍彦と
白州正子の二本立て構成。素晴らしいカップリングの
妙である。澁澤さんにしろ白州さんにしろ、一度読ん
でもう捨て置いちゃう・・・って気にならない崇高さが、
各々の書物から薫る。


それだけにこの両者の著書は、古本屋で見つけちゃ
えって気に全くならない。本屋で手垢にまみれてない
スベスベの状態のものを買い、そのことにもうっとり出
来ちゃう様な高貴さまで漂わすのである。文庫本でさ
え、手荒に扱いかねる「気品」があるというか。


そういう本を、たくさんコレクションしていきたい。これ
も澁澤龍彦の良い意味での影響だと思われる。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-06 08:06
競馬場にいた日曜の昼過ぎ。「あっ」、とひらめいた。
朝刊を眺めていたとき、ハロモニの枠に「京都」という
文字が書いてあった事と、せっかくワンセグ携帯を持
ち歩いているじゃんって事を同時に。


20分過ぎから録画開始し、時間のあるときに見てみる
と、無数の電波、交信による弊害か、画質が劣悪なも
のとなっていて、音楽ガッタスの「やったろうぜ!」とやら
を放送してくれてるにもかかわらず、吉澤さんの美貌を
じーっと捉えられていないのにショックを受けた。


高クオリティと誉れ高いマノエリさんもじっくり見つめて
みようという思惑もぶち壊しである。


この時期の京都というからには、存分に趣ある紅葉の
チェックが出来るか?と思いきや、ゲームメーカー訪問
とは・・・。まんまとだまされました。これがハロモニと
いう番組を、ほぼ通しでみた最初だったというのに。


・・・・・・


夜、岡田さんとスピードワゴンの混浴シーンをチェック
するか(緊張やちょっとした恥じらいを拝みたいじゃな
いの)とチェックしてみると、「混浴は事務所NG」だと
自らのたまう始末。温泉旅番組に出演していながら、
随分な上から目線発言ではないかっ。


混浴しただけで懐妊するとでも思っているのか?全く。
まあ某子役出身女優のダンナの場合、温泉での混浴
をとっかかりとして、手練手管でのちのち迫られる可
能性があるやもと考えたのか? 可能性としてはゼロ
ではあるまい・・・。「管理の甘さ」を指摘される事象が
多いが、温泉番組における非常に重要なシチュエー
ションを台無しにするとは、なんともはや。空気読めな
いことであるよ。


ここでも思惑をぶち壊されたというわけであった。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-04 10:21
大村って誰? 日本代表に名を連ねられるような各チ
ームのレギュラークラスに、そんな名前の選手いたっ
け?と、大村=サブローとわかっているはずなのに一
瞬だけ考えそうになる。サブローと名付けたセンスは、
それだけ偉大ではないかと思う。


それはそれとして、「フラッシュ」に載っている石川さん
の同僚さんのグラビアをチェック。鎖骨に物足りなさは
あるものの、明日の「ドライブ A GOGO」に出演予定
の前フリとしては、ナイスなタイミングかもしれない。


一緒に旅先へレポに出掛けているお笑いタレントに
よって、安達某さんの「姉妹」になっていないか?、少
しその気配を画面から探ってみようと考えてもいる。


岡田さんが出るなら、三好さんも是非起用してもらい
たいものだ。旅番組にも、単品グラビアにも。
[PR]
by yohhoh | 2007-12-01 23:57