ブログトップ

subtle imagery

yohhoh.exblog.jp

はてなsubtle imageryのミラー

<   2007年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

プレミアム・モルツを飲んだあと、クラシック・ラガーを
続けて飲むと、惰性でビール飲んでる・・・って感覚に
なってしまって失敗した。もったいない。


今年、金麦なるインチキ・ビールもどきの発売と前後し
たタイミングで、なぜかモルツの味が低下。それも露
骨なほどに。去年までは、プレミアムよりも普通のモ
ルツの方が美味しく感じたり?したこともあったが、今
ではやっぱりプレミアムはプレミアム。名前の通りホン
ト美味しゅうござる。去年までは殆ど買わなかったが、
今年の体内摂取ビールシェアは、エビス45%、プレ
ミアム・モルツ35%、モルツ10%、クラシック・ラガー
7%、ハートランドビール3%という比率になるものと
思われる。


それはそうと、日本テレビ・Mラバの桑田佳祐SPの中
で、「明日晴れるかな」をしっかり歌ってくれたことに大
満足した。何十回と聴いても、この曲のメロディラインに
は心からうっとり出来る。枯渇することなく、こういう名曲
を次々に制作できること・・・。やはり彼は、天才。特別、
サザンのファンってわけではなくとも、素直にそう思える
のである。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-27 01:04
一本かぶりの武豊がヤラズをせずに馬券になり続け、
他にも上位人気順当なクソ・レースが多く、狙い馬は
ことごとく4着席に追いやられる大損害を被り続けた
が、「チューボーですよ」に出演した市川由衣に20数
分うっとりさせてもらえたことで、幾分復活。いや、こう
してブログをアップする気になってるってことが、復活
の証・・・。


マチャアキに星三つあげる、彼女の気だての良さにも
惚れ惚れ・・・なのだ。


最近ビールの摂取量が増えているので、今宵はセー
ブしていた。それゆえ、料理でもオニオン・フライの「こ
ろも」を軽く仕上げるため、プレミアム・モルツを注い
でいたのに、つい美味そう・・・と目が行った。


華奢な腕の持ち主が、両手で大ぶりのフライパンを
持って移動するところなど、情緒感たっぷりであった。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-26 01:28
私立と公立の対戦だったら、まあよほどその私立に
シンパシーを感じる事情がないかぎり、公立の側に
感情移入して高校野球を眺める。他に地理的な好
みもあるが。


今年の夏の甲子園決勝は、広陵で決まりでしょ・・・
と思っていたから、夜のスポーツニュースで結果を
知ったとき、最初佐賀北の勝利は単純に嬉しかった。


ただ8回裏に、完璧なストライクをボールと判定した
り(他にもそんなインチキ判定が多かったとか?)、
投手がアンパイヤーの判定にせせら笑っちゃうよう
なレベルのジャッジは、さすがに高校野球の決勝
でしちゃまずいでしょ・・・と思うのである。相撲だっ
て、力士は行司の判定に、さすがにせせら笑わな
い。


4-0のまま負けさせるのは可哀想だから、4-2
くらいに試合をコントロールするか・・・という意識は
「あり」だと感じるけれど、まさかあそこでホームラ
ンを打っちゃう(逆転満塁で)というのは、さすがに
審判も誤算だったのではないか? 


というか、普段は低反発球を使用していながら、あ
そこではここぞとばかりに去年まで使ってたインチキ
飛びボールを使ったかも?・・・と想像したりもして。


しかし、親方が亡くなる寸前だからということで、30
過ぎの峠を越した?力士を大関に仕立て上げたり、
クラブ世界選手権に開催国枠でJリーグのチームが
出られるように頼み込んだのと引き換えに、アジア
カップでヤラズ4着を強いられたり、特待制度に冷や
水を浴びせたい?高校野球連盟の意志を思いっきり
甲子園の決勝戦に反映させるべく仕組んだり、利権
のあるところ、もうすべて談合・インチキ尽くしなのが
目立った夏。


すべて競馬っぽくて、笑える。


その競馬、1週間のお休みで済むというのが、率直
に言ってメチャメチャ嬉しい。感染によりけりで公正
保持がどうのこうのなんて、こっちには全然関係な
いゆえ。


要は、買っている馬の騎手が距離ロスをせず、しっか
り馬を鼓舞するかどうかが唯一の問題なのだ。インフ
ルエンザ陽性でも、キチガイ鞭打ち連打したら、全く
ノープロブレム。(他の馬は、ヤラズの手綱引っ張りが、
もちろんお約束)


それはさておき、このインフルエンザ騒動で、社台の
法外なぼったくり馬ばかり感染してアウト・・・なんてな
ったら、それこそ盛者必衰な運命の流れめいて、ほぉ、
諸行無常ですな・・・と感じるのだが。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-24 10:10
「フラッシュ」にアジアンビューティー・・・と銘打た
れてグラビアに載っている石川さんを眺めつつ、
たしかに「南方ふぇち」な属性のある人にはたまら
んだろうなぁ・・・と感嘆。


一方、ビジュアルではなく、悪魔的?に魅惑的な
声にはまり(「タイヨウのうた」を今頃気に入ってしま
って。新曲もそのうち買うか)、沢尻エリカ・アレル
ギーが払拭されつつあるので、週刊のマンガ誌の
巻頭に載っているのを手にするが、うーむ、やはり
ビジュアルはスルー。ただ、重層的に聞こえる(た
とえ小細工でそう聞こえるように仕組んでいるとし
ても)声質をヘッドフォンで聴いていると、悪魔の
囁きに魂抜かれたかのようにうっとり出来るため、
今後も音楽活動は継続して頂戴!という気分な
のである。


ついでに、「週プレ」が増刊号らしきものを出して
いるのを見つけ、どれどれと手にしてみたが、通
常版の方がはるかに記事内容も有益度高いよう
な・・・。他誌も出してるから、とりあえずうちも出し
とけ!みたいな、やっつけ仕事な増刊号ぞなもし
と棚に戻そうとした刹那、売れ筋写真集のランキ
ングに視線を走らせているときに、目が吸い寄せ
られたビジュアルの持ち主を発見。


矢島舞美って・・・どこかで見覚えがあるような名
前だが・・・。で、記事を読むと、「℃-ute」とある。
あぁ・・・下部組織?のメンツに、こういう人材がい
たか・・・。つーか、検索したら、ガッタスにいてる
じゃん・・・(今頃気付く奴)。


写り方にもよると思うけれど、時に非常に情感を
漂わせていて、むむむ!?・・・とさせられる。将
来性あり!と判断するか、今が旬!!!とみるか、
ずっと変遷をたどってきてないので何とも言い難し。


欧風白人ハーフ系とはまた違う、こういうビジュア
ルの持ち主に、最近新たに弱くなりつつあるのを
痛感するのであった。


吉澤ひとみ、柴田あゆみ・・・みうな・・・と来ていた
かつてのガッタスへの「個人的関心源」から、みうな
が失われた部分を、そのまんま彼女が埋め合わせ
てくれるかしらん?
[PR]
by yohhoh | 2007-08-23 17:38
週末の中央競馬は強行開催と信じ込んでいたから、
見出しの脇の青文字「新潟確定」を確認することなく、
夕べは何も考えずにトースポを買ってしまった。


で、新聞の中央にライトパープルとライトブルーの中
間の色合いの競馬欄が無いことに気付き、一杯くわ
されたのを知る。全くいい加減な奴らだ。一度やると
言ったら、死んでもやれよ。ちっとも公正でないのに、
公正競馬だとしゃーしゃーとのたまってる胴元さんや。
(岩田をはじめ、地方出身騎手の騎乗スタイルをつ
ぶさに観察したら、お芝居だなといやでもわかる)


渋々競馬欄のないトースポを一通り眺めてみるが、
120円の価値全然ないありさま。明神記者とその
相方による、トレセン探券隊コーナーの無いトース
ポは、全くカスに等しい。


笑いをもたらす明神記者による対話形式のコラム。
一般紙の社説やらあまたの記事よりも、よほど書き
手としてのペーソスに満ちとるわい。実馬券に役立
つかどうか、敢えて問うのは野暮野暮・・・。


明神記者、ネット上にブログでも設けて、毎日なに
がしか読ませて欲しいものである。



しかし、外国との交流なんて聞こえはいいけれど、
こういうリスクを増やすだけ。公正競馬なんて笑止
千万。JRAの談合お芝居馬追いごっこなんだから、
今後はかたくなな鎖国体勢でいって欲しいものだ。


外国馬の出走で、馬券的に余計な神経を使わされ、
外国人騎手のヤラカシにより、ケアするべき「極」が
散らばり、余分なファクターも増えてしまう。馬券的
に面倒なジャパンカップも今年は中止だろうから、
このまま永久に廃止で結構。


まあ今年に限ってのインフルエンザ大量発生は、
日本ダービー・デーに農水大臣の来場を拒否した
JRAに対する、故人の怨念かも?・・・と妄想。


そういえば、騎手の松岡は先月からヨーロッパへ
行っていたはず。松岡大臣の影響力で、メインレ
ースでのヤラカシ許可を受けまくれたヤツが、馬
インフルエンザのウイルスを持ち込んだ?とした
ら、まさに故大臣はあの世からでも同姓の騎手
を使って、JRAに対して影響力を行使しちょる・・・
ってことになりゃしないだろうか。


大臣の来場拒否を決めた奴が、熊本に出向いて
墓参りしこうべを垂れたら、速やかにインフルエン
ザは終息するかも・・・。


そうだ、このインフルエンザ渦によって、ダーレー
は日本から撤退してくれないかな? 邪魔。



ふむふむ、札幌記念の中止は、市川由衣ちゃん
の札幌競馬場におけるイベントの中止を意味す
る。10日近く前の時点で、彼女のイベント中止
なんじゃ?・・・と察知できたのは、このところ
オカルト本を読みまくってる成果だと勝手に思っ
ておくことにする。この妄想力が更に研ぎ澄まさ
れ、馬券も次から次へと予知出来たら言うことな
いのぉ・・・。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-18 10:55
発売日のかぶっていた音楽ガッタスと歌ドキッのリ
リースもんのうち、前者が発売日を延期したよし。
確実にそれぞれ買わせようとする、zetima.の策謀
とみた。(なんと姑息・・・)


音楽ガッタス作品は買う可能性ありだけれども、吉
澤さんやみうなの出ている歌ドキッの放送日はたい
てい見ているわけで、それを敢えて買うほどの代物
かどうかは、それぞれ個人の趣味の問題である。


曲目リストををみると、「虹と雪のバラード」のみうな
をも一度見返しても良いかな?・・・と思うが、あの曲
をみうなが気持ちよさげに歌っていたイメージが今も
脳内に残っているので、まあいいや。スルー。


それはさておき、夕べのNHK「京都・五山の送り火」
の中継において、進行役をつとめた黒崎めぐみアナ
の白い浴衣姿はよろしゅうござった。色気3割り増し。


民放のアナウンサーが浴衣姿になっても、夏の定番
化していなくもないので「ああ、またか」という部分も
あるが、それをNHKのアナウンサーがやってくれる点
に、絶大な有り難さが生じる。


9時台のニュース内でスポーツコーナーを担当してる
青山祐子アナが風邪をひいたとみえて、えらくハスキ
ーボイスになっていた。エアコンつけすぎによる寝冷
え?、或いはすっぽんぽんで眠っていたから?、はた
また・・・(自主規制)・・・と色々想像させてもらうのも、
夏の夜の脳内刺激になってすこぶるよろし。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-17 10:08
うぅーむ・・・。今度のJRAの理事長は、農水省から
の天下りじゃなくて、自前の人材の昇格を勝ち取っ
た?という記事が読売に載っていた。


そうか、その根回しに、先週の削られた配当分を使
いやがったな?・・・などと妄想していたら、美浦で
馬のインフルエンザが発生して、今週の競馬開催が
中止?なんて見出しを付けた夕刊紙の束が駅の新
聞スタンドに刺さっているのを発見。


天下りをしたい農水省サイドとズブズブな厩舎関係
者が、駄々をこねて美浦でバイオ・テロを企てたな?
と考えてみたものの、本当に今週末競馬が無くなっ
ちゃうのはやっぱりブルーだ。



(8月15日分)


体重66キロ、体脂肪率13%。
(この2ヶ月で体重5キロ減、体脂肪7%減)


ビリーのDVDなんか見なくとも、大腸内視鏡のプロ
フェッショナルが書いた「病気にならない生き方」を一
応盲信して玄米食比率を高め、野菜と大豆食品を中
心にして、牛乳&ヨーグルトは一切摂取せず、肉は
料理の出汁程度の扱いにして、魚類もジャコと小エビ
のみ、あとは電車のひと駅分(バスの停留所だと3つ
、4つくらい)歩くのみ。


数字の減少と季節柄から判断して、ただ「やつれた」
だけじゃないか?と思いたくとも、急に暑くなっても全
然まだ夏ばてしていないし、食欲旺盛。玄米食の習
慣がすっかり出来てしまったようである。最近はあま
りいくないよな?・・・と思いながらも、ビールも週に1
リットル飲んでいる。


ついでに有機栽培ものばかり食うようにしていたら、
普通の野菜や、防腐剤入り?のスポーツドリンクを
飲むと、某ケツの粘膜がかゆくなって困る。つまり、
それなりに化学物質に反応起こすようになったのだ。


心の赴くままに、ぐわしぐわし飲み食いできなくなり
そうなのは、ストレス解消の見地からは、ある意味
痛し痒しなのだ。だが、アンチエイジングに良い(は
ず)と信じて・・・。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-16 17:33
7時になる数分前、テレ朝の天気予報に出てくる
甲斐さんに私がうっとりしようとするのが気に入ら
ないのか、嫁は速攻でNHKの天気予報へとチェン
ジする。その繰り返しに、内心チェっと舌打ちする
のだが、NHKの方がより詳しいものを放送する以
上、おおっぴらに何も言えないのが悲しい。


今出ている「sabra」の甲斐まり恵さんのグラビアに
恍惚となったまま競馬場に赴いた11日は、とりあ
えずちょい浮き。黄色い衣装との調和が、とても目
に優しくて・・・。


オシリーナ・秋山莉奈嬢の文字に惹かれて手に取
った「スコラ」の値段が、よくよく買っていた時期の
倍額に跳ね上がってるのに驚愕するとともに、秋
山さんのお約束のバックショットに感動して出掛け
た日曜は壊滅。


「オーラの泉」による心理面への「汚染」により、当
たり馬券を引き寄せるためのヒラメキがどうも阻害
される相性のようなので、秋山嬢にすべての責任
を押しつけるのは酷もいいところだけれど・・・。


私が見ていなくとも(オーラの泉を)、同居人が見て
るだけで、ネガティブな影響力をもたらすおっそろし
い番組など、早く深夜枠に帰して頂戴。ああいうオ
カルトの啓蒙をしてくれずとも、それっぽい妙な別世
界があってもいいじゃん(こっちは直接はまらないけ
ど)というスタンス。深夜にやってこそ、雰囲気も盛
り上がるってもの。それを視聴率稼ぎのネタにしよう
と企むなど、ほんとゲスもいいとこ。


あと、せっかく甲斐さんにうっとりしてるのに、カメラ
が切り替わった直後の映像が下平さやかのド・アッ
プというのも悪趣味も甚だしい。


テレ朝に、いつか天罰が下るであろう・・・。


この嫌がらせっぷりは、JRAも真っ青である。(札幌
開催開始とともに、私のお気に入りだった市川由衣
ちゃんの横顔アップバージョンのCMを、すぱっと止
めてくれる性悪さに匹敵・・・)


それにこの土日は、配当がどうも妙なレースが多か
ったっけ。2000円はつくでしょ・・・と見立てたレー
スが1300円程度だったり、1000円くらいか、だせ
ー配当・・・と構えていると、500円少々と出てのけ
ぞったり。この差額、衆議院解散をにらむ農水族議
員関係者への「夏の御挨拶」の意味で、JRAが密か
に買いに入ったかいな?・・・なんて考えておくか。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-14 11:20
函館競馬が終了し、北海道での開催も折り返して
札幌が始まる。


札幌記念には、市川由衣ちゃんもプレゼンターとし
て登場するだけじゃなく、当日の申し込み次第では
貴賓室で一緒に観戦出来るとかいうチラシも配られ
ていた。なんと素晴らしいイベントだろーか。(都合
により中止!という展開も予想するが)


去年から?積極的に北海道での夏競馬キャンペー
ンを始めたJRAだが、相武紗季ちゃんといい今年の
市川由衣ちゃんといい、人の好みをくすぐる人材を
起用し、行きたさ募らせてくれるのがなかなか憎い。
(先週の日曜日の朝だったら、前日大勝ちして、北
海道だろうが沖縄だろうがどこへでも行ってやるわ
い状態だったものの、日曜の夕方には75%喪失し
ており、今週ある程度ぶんどり返さないと行けるか
微妙・・・。だがチラシを捨てないで取ってあるって
事は、行く気なきにしもあらず。とはいえ、例年、札
幌記念とは相性悪いしのぉ・・・)


だが、いまはパークウインズとして稼働している中
山競馬場にいてモニターを眺めていれば、四六時
中そのCMを繰り返して流してくれるため、魅力的
な彼女の映像を堪能し尽くせて非常に有り難くも
ある。


とくに、ラストで市川さんの横顔にぐーっとにじりよ
る構図のCMバージョンが最高。レープロとトース
ポの競馬欄を手に、妄想計算に明け暮れていて
も、件のCMが始まるとつい顔を上げちゃう。その
度ごとに。おかげで計算効率が時に低下したりす
るが、市川さんが可愛いから問題なし。


右斜め後ろからの接近。頬、唇を中心に迫ってい
くカメラ。サイドからみえる鼻筋も意外に存在感が
ありつつキレイで、これら魅惑的なゾーンに目が
それこそ吸い寄せられるのであった。映像として、
もぉ完璧!!!


この北海道シリーズキャンペーンの責任者のセン
スが、長澤まさみちゃんの陣営に少しでもあれば、
長澤さんはもっと魅力的な活動が出来ているのだ
ろうなぁ。化石のようにセンスないオヤジ(大時代
的な)が、長澤さん陣営にうごめきたむろしてるの
だなぁ。嗚呼・・・、宝の持ち腐れ・・・。


昨年の相武紗季ちゃん、今年の市川由衣ちゃん
のステキなJRACMをみるにつけ、無性にそう思
えてしょうがないのだった。
(そうは言っても、いま織田裕二がやらされている、
雨宿り中にネーチャンから渡されそうになったハン
カチが落ちたのを、ふたり同時に拾おうとして指が
触れ合って・・・という、だっさい小芝居CMは酷い。
性悪織田裕二なら、確実にへそを曲げそうな内容
なのに、文句も言えず?に大人しく演じてるのを
眺めるのは、彼らしくなさ過ぎてちょっと可笑しい)


去年は「武」兄弟、今年は「市」場取り引き馬をキ
ーにして枠順を分析せよ!って、シナリオを示し
てる?・・・とも解釈できるんだけど、めんどくさい
からそっちの計算はやんない。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-09 10:41
見逃すまいと思っていたものの、結局は一瞬の
チェックのみとなった。


だが、北陽の伊藤ちゃんの隣にいた、スラッとし
た色白の美人さんの姿をちらりと捉えられただけ
で、心底満足なのであった。


というのも、少々大げさに言えば、折れてしまい
そうな骨格を呈していた吉澤さんが、身体のライ
ンの面で実に素直に健康度を回復してきてるよ
うなのが嬉しくて嬉しくて・・・。


鎖骨と二の腕のジョイント部分において、その絶
妙なバランス感がたっぷり表現されていたのだ。


もちろん、あまり鍛えすぎては逆効果。美貌の持
ち主なのに、肩の部分がジャミラになってしまって
は台無しゆえ。エクササイズのし過ぎで筋肉付け
まくると、美的な味わいもあったものではないので
ある。


今回の吉澤さんの場合、殺伐とした筋肉のみでラ
インを補強してるというよりは、柔らかい女性らしさ
をバランス良く備えた感じ。


素晴らしい芸術作品を拝ませてもらった気分なの
だった。
[PR]
by yohhoh | 2007-08-05 01:10